アップル、iphone等の液晶割れを防止する特許を申請 - 落下時の姿勢制御

なるほど - 落下時に姿勢を変えれば液晶が割れずに済む。道理だな!って思ったんだけど、アップルでは、iphoneやノートパソコン等に組み込まれたドロップセンサーで落下時の姿勢を検知し、液晶が割れないよう本体を回転する特許を申請した事がわかりました。 落下時の液晶ダメージを少なく本体を回転する特許申請図
  ノートパソコンを落とすことはほぼありませんが、iphone等の小型デバイスはひょんな事で落としてしまうことがあります。あっと思っても後の祭りで、運が悪いときは液晶にヒビが入ってしまうことがあります。そう、運がよければ大丈夫なんですけど、落下するときにちょっとでも角度がかわれば割れずに済む落ち方があるんですね。この割れずに済む角度に、姿勢を制御する「Protecting an electronic device」(特許出願番号 20130257582)をアップルが申請しました。   落下時の姿勢はドロップセンサーで検知し、モータなどで重心を変化させることで本体を回転させるわけですが、未解決の問題もあります。それは、落下地点との距離がわからないということです。カメラや超音波等で計測することも考えられますが、このあたりは不明です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました