ソフトバンク、第2のトヨタを狙って世界企業へ(2) - 米ブライトスターを買収を発表

10月19日、ソフトバンクは先日買収の報道があった米ブライトスター社を、1億6,000万ドルで買収すると公表しました。

ブライトスターの買収

米ブライトスター社は、規模の小さい新興国などの通信会社に代わって大量に仕入れる携帯電話の卸売りの会社で、2012年の売上高は63億ドル(約6200億円)、125か国以上でサービスを展開。スマートフォンなどの端末を年間で8000万台程度を販売してます。ソフトバンクは、ブライトスター社を1億6,000万ドル(1,240億円)で12月までに子会社化する予定です。

シリコンバレーにオフィスを開設

ソフトバンクオフィス
活発に企業買収を続けるソフトバンクですが、同社は今年シリコンバレーにオフィスを開設しました。シリコンバレーはアメリカ合衆国サンフランシスコにあり、インテルやナショナルセミコンダクター等著名な企業が集まるIT・ベンチャ企業の一大拠点。アップル本社もあり、ここに1,000人規模のオフィスを構築する模様。ソフトバンクのオフィスは2棟からなるツインビルで、今年4月に1棟目を、7月に2棟目を借りている。また、孫社長は昨年11月にシリコンバレーに近くに白亜の邸宅を1億1750万ドルで購入している。
  この記事の詳細は、 スクープ! これがソフトバンクの新拠点だ | 企業 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました