iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

タッチパネルの精度比較 ― iPhone5S対Galaxy Note S3

投稿日:2013年10月28日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

ここに米国アップルの最新iPhone5SとサムスンのGalaxy note S3のタッチパネル精度の比較がおこなった結果があります。


ユーザーインターフェイスでは定評のあるiPhoneとGalaxy note S3(以下Galaxy)ではどっちが使いやすいと思いますか。その使いやすさの1番表面にあるのがタッチパネルなのですが、このタッチパネルの精度ではGalaxyの方が精度が高いという不可思議な結果となりました。

タッチパネル対決

このテストをおこなったのは、OptoField社。
以下はロボットによる測定結果です。緑の点は誤差が1ミリ未満(精度高)、赤の点は誤差が1ミリ以上(精度低)あることを表しています。
ギャラクシーの方は周辺部にわずかに精度の低い(赤い点)が見られますが、 iPhoneは画面下部左寄りの部分に精度の高いところが集中しています。
あきらかに、Galaxyの方がタッチパネル精度では優れていますね。

タッチパネル誤差比較

このタッチパネルの精度の違いは、当然キーボードの入力にも反映します。精度が高ければ押し間違い等の回数が減ります。
 
実際にキーボード(英字)に当てはめてみた結果が以下。

タッチパネル誤差比較4

この結果は、 iPhoneの方が入力ミスが多いと言うことになるのでしょうか?
この試験で注目したいのは、 iPhoneの方は一番タッチする画面下部の左側に精度の高いところが集中している点です。これは何らかの調整をした結果です。
アップル社は、タッチパネルに求められる精度、実際に人間が指でタッチする部分を徹底的に研究し、あらかじめ人間のタッチする部分の誤差をタッチパネルのセンサー部分に反映させていいます。こうした研究の成果がiphoneでありアップル製品の使いやすさの所以でしょう。
 
このOptoField社のテストについてMacRumorが以下のように評価しています。

iOS はユーザーが iPhone を持った際の位置を補うように設計されているので、iPhone 5s と Galaxy S3 の精度の違いは Apple が意図したものであるというものです。

 
こういった目に見えない部分の技術の蓄積が、なかなかiPhoneを超えるユーザーインターフェースを作れない結果なんだと納得してしまいます!
 
この記事の詳細は以下の記事をベースとしました。
iPhone 5sとGalaxy S3のタッチパネルの精度を比較、驚きの結果に。 – たのしいiPhone! AppBank
iOS はユーザーが iPhone を持った際の位置を補うように設計されているので、iPhone 5s と Galaxy S3 の精度の違いは Apple が意図したものであるというものです。 …

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る