iPad mini Retinaモデルは、シャープの液晶の焼き付きが原因で発売が遅れているようです。

今かと待ちわびるiPad mini Retinaモデル(2rd)ですが、まだ発売日が確定しないのはシャープのIGZO液晶の焼き付きの問題のためらしいです。

ipadmini_retina2

 
iPad miniの2世代目にあたるRetina モデルの液晶の生産は、シャープとLGディスプレイの2社で供給する予定です。シャープが4割、LGが6割製造するのですが、以前として発売日が決定しないのは、シャープの液晶の焼き付きが原因のようです。
 
シャープは以前にも9.7インチの液晶でも同様に焼き付きの問題があったようですが、当時はすぐに解決したそうです。今回の焼き付きは目には見えない微細なものの、アップルの品質基準を満たしていないとの事でクリアになってません。そのため、アップルは急遽サムソンにも打診をし。またアップルはもうひとつの打開策として、生産コストと生産能力でやや劣るLTPS(低温ポリシリコン)液晶に変更する事も検討中との事。
 
iPad mini Retinaモデルがいつになるのか、まだまだ予断を許さない状況です。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました