オーストラリアの展示中のiPad Airが発火、お客様全員が避難。

11月6日、オーストラリアのキャンベラにあるボーダーフォンショップで展示中のiPad Airが突然発火し、店内のお客様が避難する騒ぎが起こりました。

burning_ipad_air

 
この記事を掲載したews.com.auによると

事故が発生したのは6日のこと。デモ用として展示されていたiPad Airの充電ポート部分から突然発火し、端末全体が燃えてしまいました。幸い店舗自体の火災やケガ人の発生は免れましたが、煙が店舗内に充満。消防が出動する騒ぎに発展したようです。

 
以前、中国でiPhoneから出荷し女性が亡くなったとの報道がありましたが、原因はサードパーティー製の充電器に原因があったとされましたが、iPad Airでも同様の事が発生したと考えられます。ただし、今回は正規代理店で起こっているので、まず充電器は純正のはずです。この件に関してアップルからの正式なコメントは取れていないようですが、疑われるのはLightningケーブル端子のショートではないかと思います。アップルの充電器を使えば火事に至ることは少ないけども、原因はショートの問題としか考えられません(筆者もLightningケーブルの端子がショートしていたので無料交換してもらっています)。
 

各自、Lightninngケーブルを確認するようおすすめします!

※購入後1年以内であれば、アップルサポートで無償で交換してもらえます。

lightning_short
画像を拡大表示する
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました