iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

気になるiPhoneの性能を測定する代表的なベンチマークアプリ3種

投稿日:2013年11月18日 更新日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

最近、iPhone5Sに採用されたA7プロセッサの出現によりiPhoneの性能に注目が集まってます。実際に自分で計測したいと思った場合には、ベンチマーク測定アプリというものでテストします。このベンチマーク測定アプリの代表的なものを3つ紹介します。


これらのアプリはいずれもベンチマーク測定アプリではとても有名で、他のサイトにもiPhoneの測定値が掲載されています。ベンチマーク測定は自分のiPhoneだけ測定しても何の役にも立ちません。やはり他のものと比較しないとしようがないと思います。その意味で、こういう有名なアプリを使う必要があります。
 

代表的なベンチマークアプリ

3DMark

3DMarkは、このアプリはもともとWindowsでゲームを楽しむためにグラフィック性能を計測するソフトウェアだったのですがiPhoneアプリとしても使用することができます。Windowsコンピュータとの比較もできてしまうのがこのアプリの特徴です。
 


Basemark

手軽にiPhoneのグラフィック性能を測定するにはこのBaseMarkアプリがいいかもしれません。端末のディスプレイ解像度に合わせてテストする「On-Screen」とフルHD(1080×1920ピクセル)の解像度でテストする「Off-Screen」の両方の計測が可能です。
 


Geekbench


有料のアプリですが、CPUとグラフィック両方の測定ができます。

 


※アプリ更新済み(2014年4月)

 

iphone5とiPhone5sの参考値

 
下記は、各アプリを5回テストした平均値を示す

Geekbench 3(Single-Core Score/Multi-Core Score) 3Dmark(Ice Storm Unlimited) Basemark X(On-Screen/off-screen)
iPhone 5s 1407/2554 14561 27.778FPS/16.121FPS
iPhone 5 715/1283 5706 16.078FPS/7.665FPS

※FPS:フレームパーレート(wiki)

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\ここからでも、当ブログの新着記事にアクセスできます!/ \この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>アプリ

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る