iPad mini(2nd)のRetinaディスプレイを比較してみる(2)

前回、新型iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイの比較をおこないましたが、Nexus7やKindleとの液晶の性能ではどうなるでしょうか? これらの機種は液晶サイズの同等の7インチクラスのを装備しiPad miniのライバル的な機種です。


液晶の色再現性を表すのに使用するのが「sRGB」というものでこれらの機種を比較した資料をみつけました。この資料は、おなじみのMacRumorsで、同サイズのタブレットNexus7やKindle Fire HDXとを比較してあります。これが以下、
ipadmini_srgb  
色の三原色(Red/Green/Blue)をそれぞれを頂点として当然この三角形が大きければ色の再現性が高い訳で、黄色枠がiPad mini Retina、赤枠がKindle Fire HDX7、青枠がNexus7となってますが、黄色枠のiPad mini Retinaが一番小さい。比較した3種類の中で色の再現性はもっとも劣る結果となりました。言い訳じゃないですが、アップルはもともとそういう文化を持った会社なのです。むやみやたらと最新の技術は導入しない会社なのです。より人間にとって自然に見えればいいのです。(と自己満足かなぁ)
 
まぁ、事実は事実として受け止めましょう!
 
以前のiPad Air比較記事はこちら

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました