側面にも表示? iPhone 6コンセプトデザイン

液晶の進化が激しい!!  次期iphone6には、側面表示も可能な液晶が搭載されるかもしれないですよ。今回紹介するのはPhoneArenaで公開されていた次期iPhone6のコンセプトデザイン。


紹介した画像は、コンセプトデザインなので実際にアップルが検討しているかどうかはわからない。でもiPhoneのようなモバイルデバイスでは限られたスペースでどのような操作性と表示を実現するかという点では、本体側面も重要なポジションと考えられます。次期iPhone6は、iPhone Airと命名されるかもしれない等、最新のiPad Airのように「薄く・軽く」なることも噂にでています。このデザインのように側面の利用を考慮するとある程度厚みも必要で、どちらの方向になるのか次期iPhone6の興味のひとつとなります。
 
アップルの製品サイクルから考えれば、早ければ来年6月のWWDCに次期iPhone6の全貌は明らかになるでしょう。もし発表にならなくてもその頃にはiPhone6のデザインは衆智となっているはずです。今現在わかっているのは、液晶サイズが4.9インチと大きくなることです。
 
iphone6_concept_rounddisplay1
 
iphone6_concept_rounddisplay2
 

20131125-112652.jpg
 

20131125-112704.jpg

コメント

タイトルとURLをコピーしました