iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

SIMフリーiPhone時代の格安SIMプロバイダー選び

投稿日:2013年11月25日 更新日:

先日、国内でもiPhone5S/5CのSIMフリー版が購入できるようになりました。そこで月々の支払いを節約できる格安SIMを購入する場合のどのプロバイダーがいいのか一覧にまとめましたのでご覧ください。

格安SIMプロバイダー

SIMフリー版のiPhone5S/5Cでは、別途SIMを契約することになりますが、このSIMを手に入れるにはMVNOという主にドコモ回線を再販売している会社のSIMがお得です。通常6,000円近くかかるパケット料金が1,000円以下~3,000円程度で済みます。格安SIMを契約する場合は、SIMの形状にも注意しなければなりません。SIMフリー版のiPhoneはナノSIMと呼ばれる一番小さいサイズのSIMになります。また、最近の格安SIMの傾向として、今まであった2年縛りがなくなったり、通信規制後のスピードが速いものと遅いものがあったり、SMSが使えるオプションを用意するプロバイダー等が出現してます。通信規制のバイト数と月額だけではなく、これらもチェックして選ぶことが大事だと思います。

格安提供SIMプロバイダー一覧

以下に今日現在、SIMフリー版iPhoneに使えるナノSIMを提供しているプロバイダーを中心に一覧にまとめましたのでご覧ください。

lowprince_sim
画像を拡大表示する

プロバイダーを選ぶ場合の注意点

プロバイダーを選ぶ場合は、まず自分の利用形態にあったプロバイダーを選ぶのが基本になります。これらの格安プロバイダーの料金は、月に使える通信量を1Gバイトや2Gバイト等までに規制し、その上限を超えると通信速度を一時的に遅くしたり、使えなくなったりします。この場合、追加料金でこの規制を解除できるプロバイダーもあります。また最近はほとんどのプロバイダーが2年契約を排除し、最低1ヶ月とか契約期間なしのプロバイダーもありますし、SIMを複数枚提供し、家族間で分け合うこともできます。
 
プロバイダーを選ぶ場合は次のような点に注意して選ぶとよいでしょう

・月々の通信量はどのくらいか
・SIMは何枚必要か
・SMSは使うかどうか
・通信規制解除ができるかどうか
・契約期間

 

プロバイダーの特徴

日本通信

11月23日に提供開始された「スマホ電話SIM フリーData」プランは、唯一通話が可能な格安SIMパッケージです。しかもデータ通信は使い放題。通話と20円/30秒と通常のスマホ料金、SMSは1通あたり3.15円で別途課金になりますが、月々の基本料金が1,560円なのはとっても魅力です。まさにSIMフリー版iPhoneにはお勧めのプランです。
スマホ電話SIM フリーDataについては、こちら

NTTコミュニケーションズ

高速なデータ通信重視なら「OCNモバイルONE」(旧:OCN モバイル エントリー d LTE 980)、毎日30Mバイト(月間1Gバイト相当)で月額980円。これはLTE高速通信が体験できる最安の部類のプランです。1日毎に通信規制されますので、動画を集中的にみる人には向きません。インターネットやメール中心であればまず問題ないと思われます。
OCNモバイルONEについては、こちら

ビックローブ

ライトSプランは最近通信上限が従来の倍になり、しかも月額が1,580円に値下げして最安のプランに肩を並べました。その他にライトMやスタンダードというプランを用意、ライトSでは通信上限がオーバーしそうなユーザー向けのプランを用意してます。動画を見るユーザーは、こちらを選ぶべきでしょう。
ビックロープについては、こちら

IIJ

IIJの特徴はなんといっても、ファミリーシェアプランですね。SIMを3枚発行され通信制限は約3Gバイト相当(366Mバイト/3日)。1枚あたり1GBですので、1Gバイトのプランを3つ契約するよりはお得。通常の通信速度は下り200kbpsですが、クーポンを購入するとスピードアップすることができます。
iijについては、こちら

ぷらら

月380円からの2段階定額と定額プランの2種類を用意。どちらも100Mバイト/1日を越えると午前0時まで200kbpsに通信速度の制限があります。定額プランは3Gバイト/月を越えると月末まで下り450kbpsに制限。今キャンペーン中で初期費用3,150円が無料となるキャンペーンを実施中。
ぷららモバイルLTEについては、こちら

u-next

ダブルフィックスプランは1Gバイトまでは714円、1Gバイトを超えると2,079円となる料金システム。ダブルフィックスプラン/スタンダードプランとも、3Gバイトを超えた場合は月末まで下り128kbpsに制限。
U-mobile*dについては、こちら

楽天

今キャンペーン中で初期費用4,200円が0円に。エントリープラスプランは、月額945円で500Mバイトまで使用可能。超過後は、256kbpsに制限。
エントリープラスプランは、こちら

hi-ho

通信制限が500M/月と低容量だが、アソートプランではこの500MBを3枚のSIMで分けられるのが特徴。しかもLTE高速対応。通信規制後も200kbpsで通信可能。
hi-hoの通信プランについては、こちら

iijbic

ビックカメラグループで販売しているプランは、データ通信が高速でしかもWi-Fiも無料提供(Wi2 300)。
iijbicについては、こちら
※so-netとNiftyについては注目すべきプロバイダーですが、適当なプランがありませんでしたのではずしました。

スポンサーリンク

公開日:2013/11/25 カテゴリ:最新通信事情

スポンサーリンク

Loading
ドコモ、驚かずにはいられない682Mbps通信サービス開始
さすがはドコモです。3月9日より国内最速となる682Mbps通信サービスを開始します。いつの間にこんなにスピー...
ドコモ、全国の実効速度計測値を公表
ドコモからスマートフォンの通信速度の統一基準による計測値が発表となりました。iPhoneの場合、下りの通信速度...
新幹線全駅で通信速度を調査 ー iPhone6S、2015年版
本日の話題は全国の新幹線全駅による通信速度調査。auが他のキャリアを抑えてトップに!ビジネスマンとして活躍して...
今度こそ料金値下げなるか? NTT鵜浦博夫社長「前向きに検討」
先日安倍首相が、携帯料金が家計を圧迫していると料金値下げを指示。本日の日経新聞が、NTT鵜浦博夫とのインタビュ...
総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる - 全国調査
「どこのキャリアが速い?」と長年消費者を悩ませてきた問題が解決しそうです。iPhone等を購入する場合キャリア...