百度(Baidu)が入力データの無断送信について釈明のプレスリリース

先日、パソコンのBaidu IMEやスマートフォンのSimejiを使用した際に、入力した文字を無断で自社サーバーに送信していた事実が判明した百度(Baidu)が、釈明のプレスリリースを出しました。


この釈明プレスリリースは、バイドゥ株式会社日本法人が12月26日にプレス向けに発表したもので、

  1. 取得したデータは、「バイドゥ サービス利用規約」の中の「プライバシーポリシー」としてとりあつかう。
  2. スマートフォンのSimejiでの無断送信は、バージョンアップ時のバグで、今年3月にリリースしたバージョン5.6から発生していること。
  3. パソコンのBaidu IMEは事前許諾の表示を改善
  4. スマートフォンのSimejiは、バグを回収したバージョンを即日にアップデートする

 
もともと中国の会社であり、Simejiでのバグは回収するものの今後も動作改善のために情報収集を続ける方針で、やはり今後の使用にも不安が残ります。この手のソフトウェアはバージョンアップには必要な情報収集かもしれませんが、一度信用を落とすとなかなか回復が難しい。
 
同社のプレスリリースは以下、

baidu_pressrelease
Initializing…
ニュース総合
スポンサーリンク
\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

関連記事

iPhoneミステリアス
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました