iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

次期12.9インチiPadは将来的にはOSXも動くハイブリットモデル(仮説?)

投稿日:2014年1月2日 更新日: Posted By:タロイモ

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
とても興味深い仮説が出てきたので、ぜひ紹介したい。アップルでは現行のiPadより大きな液晶を搭載する次期12.9インチiPadを計画しているようですが、この次期iPadは将来的には「OSXも動くハイブリットモデ」ルになるかもしれないということです。
ipad_maxi
  あくまでも仮説ですが、今年10月にも登場するとされる大型液晶を搭載する次期12.9インチは、将来的にはOSXも動くようになるハイブリットモデルになるかも知れません。iPhone用のiOSとMac用のOSXは、機能的にもだんだん似通ってきています。まんざら可能性のない話でもないかも知れません。もともとiOSはOSXをベースに作成されておりOS自体を共通にするのは難しくはなさそうです。ただハード的な問題とUI(ユーザーインタフェース)をどうするかが問題になってきます。

ハイブリッドモデルの問題

ハード的な問題点

ハードといってもiOSはARM系のCPUでOSXはインテルのハイパワーCPUが使われています。たぶんハイブリットにするにはiPadのCPUはインテルのプロセッサーを搭載しなければならないでしょう。ハード的にはもうひとつ問題があります。それはメモリーです。iPadはその大きさからメモリーを大量に積むことはできませんが、すぐというわけではありませんがいずれこの問題も解決されるでしょう。

ユーザーインターフェースの問題点

iPadは、iphoneと同じマルチタッチスクリーンをベースとしていますが、OSXはマウスを使って操作します。これをどのように解決するかは明快な答えをもつことができませんが、人間が注視しているポイントや脳波を利用することで解決できるのかもしれません。

大画面iPadなら可能性はゼロではない

12.9インチを搭載する次期iPadなら可能性はゼロではないでしょう。12.9インチであればMacBook Air並の大きさですし液晶の大きさ的には十分です。もしiPadでOSXが動けば自宅のMacと同じアプリが動き、MacとiPadがこれまで以上にシームレスに連携できグーンと作業環境が改善されます。モバイル環境のアプリも劇的に変化するかもしれません。実際にハイブリットになるかはわかりませんが、ひとつの可能性として興味深いですね。   ※iPadハイブリッドモデルは、9TOMac(英文)に掲載されています。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\ここからでも、当ブログの新着記事にアクセスできます!/ \この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Loading
フィルタを追加»iphone11ios13予約予約受付

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>アップル総合ニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

iphoneミステリアスロゴ

iPhoneミステリアスのトップページのデザインが変更 となりました。従来よりの変更点は、ボリュームを増やさ ずに、隠れたコンテンツにもアクセスしやすくなることを主眼 に変更しています。新デザインのご意見・ご感想などもお待ち しています。

 With モモ

nickname:タロイモさんってよんでね!

お問い合わせ:お問い合わせページより

応援いただける方は以下のボタンをプチっと

トップへ戻る