iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

国産スマホ海外で生き残りをはかる? - panasonicが海外でスマートフォン事業再参入

投稿日:2014年1月17日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

本日、パナソニックが一度撤退したスマートフォン事業を北米で事業再参入すると朝日新聞で報じました。パナソニックは昨年8月、ドコモのツートップ戦略の影響を受け、NECとともにスマートフォン事業から撤退することを決めた。


朝日新聞によると、来月にも自社開発した法人向け製品を北米などで売り出すということです。昨年の事業撤退でもはやスマートフォン事業に戻るとは思えませんでしたが、まだパナソニックはあきらめてはいなかったようです。パナソニックは、まずは生産計画の立てやすい法人向けからスマートフォン事業を建て直し、ゆくゆくは個人向けをも視野にいれたスマートフォン事業再参入を計画しているのかもしれない。
 
最近の国産スマホメーカーの活動として、富士通や京セラのスマートフォンが海外で人気がでそうな気配がある。富士通は、2013年6月からフランスの通信大手「オレンジ」を通じて高齢者向けのスマホの販売を始めた。当初はパリ近郊など、高齢者が多く住む地域の90店舗に限って販売したが、利用者の反応が良かったため、13年10月からはフランス全土の250店舗に拡大した。
また、京セラは独自の技術で画面全体を振動させ声を聞き取りやすくしたスマートフォンを昨年夏から北米に投入し、人気がでている。京セラの13年1~6月の北米でのシェア(市場占有率)は、韓国のサムスン電子、アップル、LGに次いで4位を確保している。
 
今回のパナソニックのスマホ事業債参入をはじめ、国産スマホメーカーは海外に復活へのあしがかりを得ようとしている。ガラパゴスといわれた日本独自の携帯電話時代を反省しドコモのツートップ戦略を経て、今年はスマートフォンで海外進出する国産スマートフォンメーカーにちょっと期待していいかもしれない。
 

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る