iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

一般ニュース

国産スマホ海外で生き残りをはかる? - panasonicが海外でスマートフォン事業再参入

投稿日:2014年1月17日 更新日:

本日、パナソニックが一度撤退したスマートフォン事業を北米で事業再参入すると朝日新聞で報じました。パナソニックは昨年8月、ドコモのツートップ戦略の影響を受け、NECとともにスマートフォン事業から撤退することを決めた。


朝日新聞によると、来月にも自社開発した法人向け製品を北米などで売り出すということです。昨年の事業撤退でもはやスマートフォン事業に戻るとは思えませんでしたが、まだパナソニックはあきらめてはいなかったようです。パナソニックは、まずは生産計画の立てやすい法人向けからスマートフォン事業を建て直し、ゆくゆくは個人向けをも視野にいれたスマートフォン事業再参入を計画しているのかもしれない。
 
最近の国産スマホメーカーの活動として、富士通や京セラのスマートフォンが海外で人気がでそうな気配がある。富士通は、2013年6月からフランスの通信大手「オレンジ」を通じて高齢者向けのスマホの販売を始めた。当初はパリ近郊など、高齢者が多く住む地域の90店舗に限って販売したが、利用者の反応が良かったため、13年10月からはフランス全土の250店舗に拡大した。
また、京セラは独自の技術で画面全体を振動させ声を聞き取りやすくしたスマートフォンを昨年夏から北米に投入し、人気がでている。京セラの13年1~6月の北米でのシェア(市場占有率)は、韓国のサムスン電子、アップル、LGに次いで4位を確保している。
 
今回のパナソニックのスマホ事業債参入をはじめ、国産スマホメーカーは海外に復活へのあしがかりを得ようとしている。ガラパゴスといわれた日本独自の携帯電話時代を反省しドコモのツートップ戦略を経て、今年はスマートフォンで海外進出する国産スマートフォンメーカーにちょっと期待していいかもしれない。
 

-一般ニュース
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEアイコン

海外出張時にご注意!中国ではLINEが規制されている模様。

世界中の4億6千万のユーザがいるLINE。LINEを海外で使う旅行者もいると思いますが、中国では、LINEを規

総務省

ドコモ、KDDI等過疎地光ケーブル整備事業で補助金6億円過大受給

10月12日、会計検査院の調査で、ドコモやKDDIおよび移動通信基盤整備協会の3社で、補助金6億円の過大受給し

LGディスプレイ、iWatch用の液晶生産を受注!

いまいちその行方がわからないアップルのウェラブル端末「iWatch」用の液晶生産をLGディスプレイがおこなうこ

日本で、iPhoneがスタバ決済可能に

スターバックスコーヒーは、iphoneにFeliCaを搭載したケースを装着することにより、飲食代等の決済が可能

ipad_mini2

iPad mini盗難 - 米国3600台

iPad mini盗難 - 米国3200台12日深夜ジョン・F・ケネディー空港で中国から空輸されたiPad m

Loading
JR西日本新幹線の予約&チケットレスサービスを9月から開始
JR西日本からスマートEXサービスの開始がアナウンスされました。今後はiPhoneやスマートフォンで新幹線予約...
【緊急】WordPress4.7および4.7.1のユーザは至急アップデートしてください!
Wordpressの4.7および4.7.1の重大な脆弱性がみつかった。この脆弱性のために認証をせずにコンテンツ...
Galaxy Note 7、事故多発で永久追放。ことの顛末を関連記事で読み返し!
サムスンのフラグシップGalaxy Note 7があまりの事故の多さで10月11日、とうとう販売中止いや永久追...
ポケモン捕まえやすくなるようアプリがバージョンアップ
ポケモンGOがバージョン0.41.2にアップデート。今回のアップデートでポケモンがこれまでよりも捕まえやすくな...
【注意!】液体の入ったスマホケースはやけどの恐れあり
国民生活センターが注意を呼び掛けています。スマホケースの中の液体によりやけどするケースが発生しています。漏れ出...
一致するものはありません!