iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

いよいよチャイナモバイルもiPhone販売へ - ティムクックも発売イベントに出席、サイン入りiPhoneを販売

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

1月17日、中国最大のチャイナモバイルからiPhoneが販売されました。同日おこなわれた発売イベントにはアップルのティムクックCEOも出席し、サイン入りのiPhone10台が販売されました。


 

発売イベントに出席したTim Cook CEO

 

CEOが発売イベントに出席するアップルの力のいれよう

アップルのCEOティムクックは、北京のAppleStoreに駆けつけChina Mobileの奚國華社長と共に発売開始記念イベントに出席したようです。アップルのCEOが他国の発売イベントに出席するのは異例じゃないでしょうか? ドコモで昨年販売した際でも来日はしないで9月におこなわれたiPhone発表イベントで突然、ドコモから発売とパネルに表示されただけでした。アップルにとってチャイナモバイルからのiPhoneの販売はそれだけ大きいということでしょうか。これまで報じられたティムクックの発言にも、

「われわれは知り合いになった。今日が始まりだ。私は両社が今後、一緒にできることが沢山あると思う」

(via WSJ)
と述べる等、6年越しの交渉が実ったことを喜び、今後のiPhoneの販売にとどまらない協力関係を築くことを明言した。

iPhoneの初回出荷は140万台

先週、フォックスコン(富士康)の商標で知られる台湾の鴻海精密工業は先週、中国移動(チャイナモバイル)向けに「iPhone(アイフォーン)5s」を約140万台出荷した事が関係者の話で明らかになってます。次回以降の入荷の見通しは立っていないようですが、12月25日からはじめた予約では既に150万台が予約されているとの事です。

2014年度の販売台数は1200万台と予測

ジェフリーズのアナリスト、シンシア・メン氏は先月、チャイナモバイルの2014年度のiPhoneの販売台数は1200万台と予測。毎月100万台が販売されることになります。

iPhone5Sの販売価格は870ドル

チャイナモバイルによるiPhoneの販売価格は、加入契約なしでアイフォーン5S(16GB)が5288元(870ドル)、アイフォーン5Cが4488元(740ドル)となり、アップルの中国Webサイトと同水準に設定されました。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>iphoneニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る