アップルCEOティムクック、iPhone5Cの販売不振を公式に認める

米アップルのCEOティムクックは、決算発表で「iPhone5Cの販売数は当初の予定より小さかった」と、iPhone5Cの販売不振を認める発言をしました。 apple_timcook
27日、米アップルは四半期の決算発表をおこない、過去最高の売り上げを記録したことを公表しました。9月に発表したiphone5sや11月に発表したiPad Air,iPad mini等が堅調な売り上げにつながったようです。ただ、いづれも当初予想よりも低かったことも明らかになりました。   なかでもiPhone5Cの販売不振は顕著で、ティムクックCEOも前述のとおりこの問題に言及し公式に販売不振を認める形となりました。   今年、新たに発表されるiPhoneは液晶サイズの違いにより2機種発表されると予想されていますが、我々はiPhone5S/5Cのような構成がすぐ頭に思い浮べてしまいますが、これらの戦略にも大きな影響があるかもしれません。iPhone6のみ発表というのもあるかもしれませんね。 (via iPhone Mania)

コメント

タイトルとURLをコピーしました