今年はドコモとフレッツ光回線のセット割引が解禁されるかも

自宅の固定回線とスマートフォンのセット割引と言えば、auのスマートバリューですが今年はドコモでも解禁されるかもしれません。

dokomo_share

2月10日日経新聞の記事によると、最近のドコモのシェア低下によりこれまで禁止されてきた同一企業内の、ドコモスマートフォンとNTTとの固定回線のセット割引解禁について検討されそうだという記事が掲載されました。
スマートバリューとして固定回線とのセットで1,480円/月割引を実施以来業績を伸ばし続けているauと、昨年念願のiPhoneを発売しても一向に業績を回復しないドコモが必死の状況でフレッツとのセット割引を懇願しているようです。


ドコモはNTTのグループ会社で、2002年に55%のシェアを獲得していましたが現在は40.9%とシェア低下傾向にあり、今後もその傾向は続くものと思われ、その一因にNTTグループによる固定回線とスマートフォンのセット割引が禁止されていることに原因があります。
 総務省はNTTへのセット割引の解禁などを検討するため、2月中に情報通信審議会(総務相の諮問機関)の下に有識者検討会を設置。通信各社の意向も踏まえて今年11月をめどに見直し案をまとめ、2015年の通常国会に電気通信事業法の改正案を提出するとの事。
これが実現すれば、ドコモユーザーもセット割引の恩恵が受けられかなりドコモへのMNPが期待される。
 
この記事の詳細は以下より
総務省、NTT「セット割引」解禁を検討 シェア低下で見直し  :日本経済新聞
 総務省はNTTへのセット割引の解禁などを検討するため、2月中に情報通信審議会(総務相の諮問機関)の下に有識者検討会を設置。通信各社の意向も踏まえて今年11月をめどに見直し案をまとめ、2015年の通常 …

コメント

タイトルとURLをコピーしました