iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

米アップルはiPhoneシリーズを分割して、新商品構成を追加!?

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

次期iPhoneは2種類の液晶サイズで供給される予定ですが、ここにきてより大きなサイズである5.6インチのiPhoneはiPhoneと呼ばれるずに新しく命名される可能性が浮上しました。


今年発表予定のiPhone6の液晶のサイズは4.7インチと5.6インチの2サイズで(まだサイズは確定してません)、5.6インチのモデルはiPhoneと呼ばれておらず、新しく名づけられ新商品として構成されるかも知れません。
予想されるiphone6スペック

次期iPhoneが2サイズで構成される背景

現在スマートフォンの市場は、5インチ前後のファブレットという範疇のビックサイズ液晶を搭載されたものがよく売れています。現在のiPhoneの液晶は4インチでスマートフォンとしては最小の液晶サイズとなってます。これは片手での操作性を重視している結果で、早くから次期iPhoneの液晶サイズが大きくなることが予想されていました。そこでアップルの選んだ戦略が次期iPhoneは2つの液晶サイズで供給するということです。

iPhoneの後継機となる4.7インチモデルと新シリーズとなる5.6インチモデル

4.7インチモデルはこれまでどおりコーニング社のゴリラガラスでカバーされiPhoneの後継機となりそうです。新シリーズとなる5.6インチモデルはより硬度の高いサファイアガラスが採用されより高級感を演出したモデルとなりそう。この新シリーズには新しい呼称が与えられ新シリーズを構成するのではないかとされています。

どんな名前が与えれるのかも興味深々

iPodからはじまり、iPhone、iPad、iPad miniとアップルのモバイルデバイスはすべてipで始まってますので、次期のモデルはipで始まるのではないかとほかのサイトでは噂していますが、確かにそんな気もします。iPhone Airかなとも思いますが、iPadが同シリーズの名前として使っていますので、従来のiPhoneとiPhone Airでは別商品として認知させるのは難しい気がします。アップルはどんな名前をつけてくるのでしょうか? ぜひクールな名前で出してほしいですね。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>iphoneニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る