iWatchは凄い、アプリの搭載イメージがわかるコンセプト動画

アップルのスマートウォッチ「iWatch」の最新動画からアプリに関する情報をお届けします。


iWatchの発表はいまかいまかと待ち遠しくてたまらないですが、最近いろいろとiWacthの情報も飛び交ってます。その最新の動画のなかからアプリに関する情報をちょっと抜き出してみました。動画は最後に載せてあります。
iwatch201402

iWatchの概要およびホーム画面

iWatchは局面ディスプレイを採用し、太陽光充電を含む3種類の充電方法により動作します。液晶には有機ディスプレイと日本写真印刷が参加し台湾のタッチスクリーンんメーカーTPKと共同開発した「シルバー・ナノワイヤー・タッチ・スクリーンと」いうものが使われるそうです。バッテリーの持ち時間は前述の有機ディスプレイ(自己発光)のため3~4日程度持ちそうです。
ホーム画面には各種の通知機能と3つのアイコンが用意されている。

20140221-032057.jpg

注目のヘルスケア

iWatchに搭載されるアプリの機能で注目されるのはこのヘルスケア関連アプリでしょうか? アップル社のヘルスケアには特に注目している分野で、光学式に図れる心拍系(Heat Beet)、血中酸素濃度(Oxygen Levels)のアプリが新たに搭載されるかもしれません。そのほかにもグルコースモニター、カロリーカウンターなど成人病予防にも有効なアプリ、そしてフィットネスアプリが搭載される等のアプリが予定されてます。
※これらのアプリは実現可能性がひくく、最終的には心拍計とフィットネスだけになる可能性が高そうです。

20140221-032110.jpg

日常生活関連アプリ

もちろんアラーム、天気予報等の日常生活に便利なアプリも搭載される。これらは普通の時計にもある機能ですがアプリならではの使い心地が実現されると思います。
20140221-032120.jpg

GPS関連

以下のようにGPS関連のアプリも搭載されると思いますが、画面が小さいのでどの程度のアプリになるかはわかりません。
20140221-032131.jpg

動画

これまで見てきた画像はすべて以下の動画にはいっています。ゆっくりとご覧ください


この動画の供給元:Fuse Chicken

コメント

タイトルとURLをコピーしました