iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

ソフトバンクもMVNO向け回線卸売り事業に参入!

投稿日:2014年2月26日 更新日:

2月24日、日経新聞はソフトバンクがMVNO(仮想移動体通信事業者)向けの回線卸売り事業に参入と報じてます。もしこれが実現すればMVNO業者によるソフトバンクの格安SIMが提供されることになり、ユーザーにとっては多いに歓迎すべきニュースです。

20131014-175211.jpg


現在の格安SIMは、NTT回線を使ったものでドコモの携帯/スマートフォンであれば通信量などに制限はあるものの使用が可能です。ドコモのスマートフォンはすべてSIMロック解除が可能で実質的にすべてのスマートフォンがこの格安SIMを使うことができる。ソフトバンクも以前SIMロック解除スマートフォンを増やす予定と発表しましたが、その後SIMロック解除の話は進んでいない。ソフトバンク回線の格安SIMがでればこちらの動向も気になるところである。
 
提供の時期は、ソフトバンクによると早ければ今春に申請を出し認められ次第回線の卸売りを始める予定だ。

スポンサーリンク

公開日:2014/02/26 カテゴリ:最新通信事情

スポンサーリンク

Loading
ドコモ、驚かずにはいられない682Mbps通信サービス開始
さすがはドコモです。3月9日より国内最速となる682Mbps通信サービスを開始します。いつの間にこんなにスピー...
ドコモ、全国の実効速度計測値を公表
ドコモからスマートフォンの通信速度の統一基準による計測値が発表となりました。iPhoneの場合、下りの通信速度...
新幹線全駅で通信速度を調査 ー iPhone6S、2015年版
本日の話題は全国の新幹線全駅による通信速度調査。auが他のキャリアを抑えてトップに!ビジネスマンとして活躍して...
今度こそ料金値下げなるか? NTT鵜浦博夫社長「前向きに検討」
先日安倍首相が、携帯料金が家計を圧迫していると料金値下げを指示。本日の日経新聞が、NTT鵜浦博夫とのインタビュ...
総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる - 全国調査
「どこのキャリアが速い?」と長年消費者を悩ませてきた問題が解決しそうです。iPhone等を購入する場合キャリア...