iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

次期iPhone6の液晶はIGZOでもなくQDディスプレイを搭載?

投稿日:2014年2月26日 更新日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

画面サイズが大きくなる次期iPhone6は、IGZO液晶でもなくQD(コロイド状量子ドット)ディスプレイが搭載されるかもしれません。

iphone6_image

色の再現性が100%でしかも省電力

QDディスプレイは、可視領域のカラーを100%再現することができ発光効率も非常に高く省電力なディスプレイです。これを報じたForbesによると、次期iPhone 6でAppleがQDディスプレイを採用しなかった場合には競合他社との比較において画面が大きいだけでは十分な差別化ができないとも指摘しています。QDディスプレイはKindle Fire HDXに採用され、iPad mini Retinaよりも色の再現性がよかったのはこのQDディスプレイのおかげだったようです。
参照記事はこちら→iPad mini(2nd)のRetinaディスプレイを比較してみる(2)

QDディスプレイはNanosys社から供給

QDディスプレイは、サムスンも出資しているNanosys社から供給されるのではないかと予想されています。QDディスプレイ搭載のスマホはまだなく、NanosysのCEOであるJason Hartlove氏はForbesに対し、QDディスプレイを搭載した最初のスマートフォンは今年半ばに登場することになるとのべており、もしかすると次期iPhone6が最初に搭載されるスマートフォンになるかもしれません。
 

次期iPhone6の画面が大きくなるとバッテリーの持ちが心配されますが、さらに省電力でしかも色再現性が高まるQDディスプレイは期待できるかもしれません!

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>iphoneニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る