次期iPhone6の4.7インチ液晶5月から5.5インチは数ヶ月遅れて量産開始 – ロイター

次期iPhone6の4.7インチは5月から量産するとロイターが伝えてます。また5.5インチ液晶については、製造上の問題より数ヶ月遅れるのではと予想しています。


いよいよ次期iPhone6の製造ラインが本格的に稼動してきたようです。先日日経新聞が、次期iPhone6の製造は、ジャパンディスプレイ、LGディスプレイ、シャープの3社でおこなわれると報じてましたが、昨日(1日)ロイターは、その液晶の量産が5月から始まるとしています。
iphone6_image4
5.5インチ液晶については、セル内の生産技術が困難なため、量産開始は数ヶ月遅れるとの事。そうなると、5.5インチiphone6は9月ではなく11月頃にズレて発表になるかもしれませんね。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました