iphone5,スリープボタン動作不良による「無償交換プログラム」は発現したiPhoneのみなので注意してください。

一部のiphone5にスリープボタンの動作不良が見つかり、アップルでは2013年3月以前製造のiphone5の「無償交換プログラム」実施を発表しましたが、症状の発生していないiPhoneは対象外との事。ご注意ください。

iphone5_2012


アップルサイトによると、シリアル番号で対象であるかどうかを確認してアップルに連絡してくださいとの事でした(記事はこちら)が、もうひとつ条件があり
 

お使いの iPhone 5 のスリープ/スリープ解除ボタンの機能に問題がない場合や、シリアル番号がこのプログラムの対象にならない場合は、交換手続きをしていただく必要はありません。

 
通常この手の修理は、製造ロッドに問題があり症状の有無に限らず念のため部品交換となるはずなんですが、不思議な対応です。
 
また、この無償交換プログラム自体も発売から2年経過すると無効なってしまう事にも注意しなければなりません。

このプログラムは、iPhone 本体の最初の小売販売日から 2 年間、対象となる iPhone 5 モデルに適用されます

 
日本のiPhone5発売は、2012年9月12日ですから今年の9月11日で終了することになります。対象のiPhone5をお持ちの方はこれらを留意した上、適正に交換プログラムへの対応をしてください。
 
※この記事は読者からご指摘いただき作成しました。ありがとうございます。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました