WWDCでも触れられなかった秘密の機能がiOS8に追加されていた。

昨日おこなわれたWWDCで大々的に発表されたiOS8。WWDCでは触れられなかった秘密の機能が追加されていることがわかりました。それはWiFi Calling。

20140603-045752-17872449.jpg


WiFi Callingは、WiFiにつながっていれば通常の携帯電話網に接続する機能です。相手が固定電話でも携帯電話でも発着信できます。iOS8を搭載したiPhoneではじめて対応します。WWDCでもこの機能には触れられませんでしたし、スクリーンにわずかに表示されただけです。

WiFi Callingの発着信番号はそのまま使えます

WiFi Callingは、携帯の電話番号をそのまま使えますので、通常のように発着信ができます。そのうえ接続される携帯電話網はキャリアのものになりますので、国外に出かけていても国内通話料金しかかかりません。通話するには専用のアプリが必要ですが、iOS8では標準搭載され、キャリアプロファイルで有効か無効かが設定できるようになるようです。

対応するのはTモバイルUS

このWiFi Callingに対応するのは、今のところTモバイルUSです。これまではAndroidの一部の機種で対応していましたが、WiFi Callingを使えるのは、TモバイルUSとスプリントの2社で、AT&Tもベライゾンも対応していません。

日本でも提供してほしい機能です

WiFi Callingは、通信網のラストワンマイルのようなもので、携帯電波の届かない地域にとって非常にありがたい機能です。やたらとお金のかかる基地局をどんどん立てるよりも有効かもしれません。これから携帯電波はどんどんと高周波になりカバーエリアが狭くなりさらに基地局が多く必要になります。WiFi Callingを開放したほうが日本のためかもしれません。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました