iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphoneが知らぬ間に脱獄、そして位置情報やメール内容を送信するスパイウェア

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

この破天荒な仕業は、スパイウェアによるもの。このスパイウェアを発見したのはロシアのセキュリティ会社のカペルスキーラボ。同社は6月24日自社のサイトでこのスパイウェアの存在を報告しています。

iphoneのスパイウェアに注意!


最近ものすごくセキュリティに関連するニュースが多いですね。LINEやにこにこ動画が他社から漏れたパスワードでハッキングされ(関連記事)、特にLINEは本日のテレビでも、

被害者の友達に偽のメッセージが送信され数万円のウェブマネーを買わされ搾取された

と報道されてました。

知らぬ間に脱獄するスパイウェア

カペルスキーが報告したスパイウェアは、

Windowsパソコン(たぶん)のiTunes経由で接続したとたんにiPhoneが脱獄(→wikipedia)させられ、スパイウェアに感染し、位置情報や写真、メール内容を読み取り外部に情報を勝手に送信してしまうものです。

世界一安全なiphoneですが、こんなスパイウェアがあったらiphoneも、たまったものではありません!

元は正規のソフトウェア

このスパイウェア的動作をするソフトウェアは、イタリアの会社が販売している正規の製品で『Remote Control System』という各国の捜査機関や情報機関向けに提供されている監視用ハッキングツール一般には出回らないソフトウェアだということです。

iPhoneは脱獄しない限り、スパイウェアに感染することはほぼゼロに近いのですが、脱獄もセットだと普通のスマートフォンと変わらず無防備になってしまいます。

感染を検知するのはほぼ不可能!

この感染をユーザが検知するのはほとんど不可能です。iPhoneを脱獄させる場合には必ず再起動が必要ですが、itunesの通常の動作でもiPhoneを再起動させる場面があります。どちらの再起動かを見極められる技術を持っていなければ無理です。

このスパイウェアの感染への対策はないのでしょうか?

カペルスキーは報告しています。

  • iPhoneを脱獄させない
  • iOSを常に最新のものにしておく
  • コンピュータにもセキュリティ対策ソフトを入れておく

感染の入り口を塞ぐしか対策がないということですね。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る