iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

10月に発表の「iWatch」はこうなる? - 最新コンセプト動画を公開中

投稿日:2014年7月3日 更新日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

10月にも発表になるアップルの「iWatch」 最新のコンセプト動画を公開。まだ詳細は明らかになりませんが、たぶんこうなるんじゃないかと思います。


10月に「iWatch」ようなスマートウォッチは、Microsoftでも発表になるようですが、これまでに発売になったAndroid陣営のLG,SumsungとMotolla,Google(近々発売予定)の今年前半組のものとは違って、洗練されたデザイン面や各種センサーを10種類以上搭載する本格的なスマートウォッチとなりそうです。

やはり注目のiWatch

とりわけ、注目しちゃうのがやはりアップルのiWatchです。そのiWatchの最新動画がコンセプトですが、Set Solutionというところから現在考えられるスペックとともに披露されています。2.5インチの大型液晶を搭載し、6日間も持つバッテリー。2.5インチともなれば上下画面分割して表示するなどアプリの幅がとっても広がりそう。ではこのコンセプト動画で考えられているスペックから紹介します。

2.5インチの大型サイズと外光でも明るいOLED液晶を搭載

前述したように2.5インチの大きな液晶サイズになると、アプリの表示面などで大きなメリットとなります。iWatchには、心拍計や血圧、消費カロリー等の他、気圧センサーや高度計なども搭載され10種類以上の各種センサーが搭載されるとの噂があります。
これらのセンサーから検知されるデータを利用するアプリも多種多様なものがでてくるものと想像されます。これらのアプリには大画面液晶が必要になるので必然的な大きさなのかも知れません。さらに液晶にはOLED(有機EL)ディスプレイをが採用。このディスプレイは自ら発光するので、太陽下など外光に左右されるとても見やすい液晶となりそうです。

6日間持つバッテリー

この動画の中で明らかにされているのが、6日間持つバッテリー。iWatchが本格的に噂になってから1年たった今でも発売されないのはこれが原因ではないかと思うほど、アップルがこだわっているのがバッテリー。言うのは簡単ですが、時計型の小さなサイズではバッテリーも当然小さくなります。アップルは当初から最低3日間は持つように考えており、実際には6日間持つようですね。どんなにハードに使っても2日間以上はバッテリーが持ちそう! 
この動画では明らかにされていませんが、もしかするとワイヤレス充電も出来そうなのでこちらにも期待したいと思います。
20140703-115918-43158016.jpg

iWatchの最新動画

こちらが最新のiWatchの動画となります。

[youtube]http://youtu.be/gL073OlHqfY[/youtube]

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>その他Appleデバイス

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る