iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

携帯電波の人口カバー率に新統一基準発表! 

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

7月8日、電気通信サービス向上推進協議会は携帯電波の人口カバー率の新統一基準となるガイドラインを発表。今後各社は新基準に則り新たに人口カバー率を算出することになります。


これまで携帯各社は、『つながりやすさ』のアピールのため、それぞれ独自の基準で携帯電波の人口カバー率を算出し発表してきましたが、これが消費者の混乱を招き、昨年より統一基準作成の準備をしてきました。

発表された新基準

今回新基準となる算出方法は、
 

全国を500m四方のメッシュに分け、そのエリアの50%をカバーした時に100%とし、50%以下の場合は0%として人口カバー率を算出する

 
また同時に、

  • そのエリアに制限事項がある場合は、制限事項を明記すること。
  • 他社より優位性をアピールする場合は、根拠を示す。

上記2点もあわせて、発表されました。

携帯各社の動向は

携帯3社のうち、この新基準に最も近いのはauで、今年3月時点の「800メガヘルツのLTEプラチナバンドの人口カバー率99%」との発表は、新基準に照らし合わせても変動はないとしている。ドコモは、これまで市町村役場(出張所)の所在地にて人口カバー率を算出してきたため、新基準で新たに算出することになりそう。もっとも影響がありそうなのがソフトバンクで、つながりやすさNo.1として豪語してきたのが、これで消費者は新基準で評価することになるとはたしてNo.1の評価されるのかどうか心配になってきます。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>最新通信事情

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る