次世代携帯電波割り当て、グループ内重複申請を禁止へ

LTE Advanced等の次世代携帯電波の割り当てでは、イーモバイル(現ワイモバイル)を傘下にもつソフトバンク等は同一グループとみなされ、グループ内で重複申請できなくなります。 電波政策ビジョン懇談会の様子
総務省は、11日の有識者検討会(電波政策ビジョン懇談会)の中間まとめ案でこれまで携帯会社単位で割り当てをしてきた制度を子会社や関連企業をグループ企業とみなしグループ単位で携帯電波の割り当てをおこなうようにしました。グループとみなされるのは、ソフトバンクはワイモバイルとWireress City Planning、auとUQコミュニケーションズとなり、今年中に割り当てられる電波(LTE Advanced)に適用され、ドコモ、au、ソフトバンクの40MHzずつ3社に割り当てられる事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました