iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphone6サファイアガラス、至上最強の防傷テスト

投稿日:2014年7月20日 更新日:

次期iphone6に採用されるサファイアガラスがどのくらい強力なのか、これ以上ないくらいの過酷でハードなテストがおこなわれました。ナイフで刺したり、サンドペーパーで削ったり。さて結果は?

サファイヤガラスを採用したフロントパネル


サファイヤは、地球上のあらゆるものと比較してもこれ以上硬いのはダイヤモンドぐらいしかない程硬い素材です。このサファイヤガラスが次期iPhone6へ採用されるのは確実で、しかも4.7インチ版のみ採用されるとの《噂》です。これがどれ程強力なものなのか、MKBHD(Marques Brownlee)によってテストがおこなわれました。
 

次期iPhone6のサファイヤガラスの防傷テスト(動画)

 
テストのために用意されたのは、サファイアガラスでできた4.7インチ用のフロントパネル。
 

これは過酷!サンドペーパーで削ってみる

まず、動画の冒頭におこなわれたのは鍵でこすったり鉄製ナイフでぶつぶつと突いてみるテスト。これは全くの問題なし。次はサンドペーパーで表面を削ってみる。これは現行機のiPhone5Sも比較ため実施されました。iPhone5Sに採用されているゴリラガラスの硬度は、動画をみると6.5で通常のガラスの硬度が5だからかなり強化されているものです。さて結果は?
 
iPhone5sの方はすぐに表面に傷がはいってしまいました。サファイアガラスでできたフロントパネルはというと、残念でした。さすがに表面にはすり傷が見えます。サンドペーパーには勝てなかったようです。しかしiPhone5Sのホームボタン(唯一現在サファイアが使用された部品です)を削ってみても表面はなんともないようです。
 
iPhone5Sのホームボタンは純粋なサファイアで出来ており、フロントパネルに使用されているのは、「Synthetic sapphire」といって人工サファイアで、高級腕時計のガラスにも使われているもので純粋なサファイヤに比べると硬度は少し劣るようです。

液晶保護フィルムは、もういらない?

さすがにサンドペーパには勝てませんでしたね。もしサンドペーパーに耐えるようであれば、もう液晶保護フィルムはいらないと思ったのですが、やはり私だったらフィルムを貼るかな。サンドペーパーは、空中や身の回りの細かな塵にも同じ成分が含まれている可能性があり、何年使うかわかりませんが相当年数きれいな状態で、クリアな状態にしておく事を考えるたぶん必要になってくるように思えます。(1年毎に新しくできるのであれば別ですが…)
 

はたしてショップではどういう対応をするのでしょう!?

スポンサーリンク

公開日:2014/07/20 カテゴリ:iphoneニュース

スポンサーリンク

Loading
iOS11へアップデート後不具合多発! ちょっと酷くない?
OSのアップデート後の不具合は往々にして起こりえることですが、iOS11はこれまでに比べるとちょっと酷いかもし...
10月23日よりiPhoneのSuicaカードも「EX予約専用ICカード」として利用可能になります - JR東海
最近、エクスプレス予約は往復割引商品や早特商品などを発売して内容を充実させてきていますが、まもなくiPhone...
iPhone8発表イベント開催日時決定! イベント詳細情報について。
OLED搭載のiPhone8の発表イベントの開催日時が決定。開催にあたりアップルはプレス関係者に招待状を発送。...
iPhone7の新色PRODUCT RED発売
iPhone7に色鮮やかな深紅のPRODUCT REDを追加、3月25日より発売されます。3月21日、アップル...
iPhone8は5.8インチ実現に一歩前進? 5.8インチはどのくらいかサイズ比較した
iPhone8の液晶サイズは5.8インチ。そのサイズ感を図解して調べてみた。 iPhone7/7PluとiPh...