iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

次期IPadは、第3もしくは第4四半期に発表され、液晶にはノングレア処理が施される - Bloomberg

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Bloombergによると、次期iPadは第3四半期(7月~9月)または第4四半期に発表され、液晶には反射防止(ノングレア)処理が施されて登場と報じています。

ipad_air2_image4.png


例年iphoneに遅れて発表されるiPadは、今年も例年同様iPhone6と同時かもしくは第4四半期に登場するとBloombergが捧持します。今年のiPhoneは目下のところ9月9日に発表される線が濃厚で、次期iPad Air2(?)がBloombergのとおり第3四半期に発表となれば、iPhoneの発表イベントで同時に9月9日に登場するかも知れません。ただ第4四半期となれば、アップルは10月にも何らかの発表イベントを予定しており、この発表イベントになるかも知れません。次期iPadの量産はすでにはじまっており、どちらになるのかまだまだわかりません。またBloombergによると次期iPadの液晶には、反射防止(ノングレア)処理が施されると報じています。反射防止(ノングレア)処理は、iPad miniには採用されず、iPad Airのみになるようです。

 

 

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る