iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphone6のDライン処理、どうにもかっこ悪すぎる画像

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iphone6のデザイン上で特徴的なのが、「Dライン」と呼ばれる本体背面の樹脂の線。どのようなデザインとなるのかコンセプト画像が提供されています。

画像を提供してくれたのはMartin Hajek氏。「Dライン」はもともと金属筐体であるiphone6の電波の通り道として付けられた樹脂製のラインで、これまでの過去のiphoneにもあります。iphone6の場合は、本体の周りがiPod touch風の丸みを帯びた形状なのでデザイン上うまく処理しきれないようで、すごく目立ってます。最終的にどのようなイメージになりそうなのか、Martin Hajek氏はコンセプト画像にしてくれましたので、見ていただきたいと思います。

iphone6_dline4iphone6_dline5

こちらはiphone5sでも人気のだったゴールドモデル

 

iphone6_dline1iphone6_dline2

(via Martin Hajek)

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る