iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iphoneニュース 最新通信事情

都内iphone6の通信スピード調査結果、やはりauが優勢か?

投稿日:2014年9月21日 更新日:

9月19日に一斉に発売されたiphone6。気になるのはその通信スピードだろう。さっそくマイナビニュースさんが都内4カ所で通信スピード調査をおこなっていたので紹介します。


iphone6_speedtest2

まず前提となるのは、iphone6はこれまでよりも劇的に通信スピードがアップするはずだということです。iphone6の通信規格はCategory6に対応しキャリアアグリゲーションを利用すると150Mbps(規格上は最大300Mbps)の最大スピードが実現可能です。
ちなみにiphone5s等のこれまでの機種では、最大でも100Mbpsとなります。

またiphone6ではこれまでのFDD-LTEに加えソフトバンクのAXGPやUQのWiMax2+等のTD-LTE通信も可能となりました。それだけ通信状況に応じて使える通信方式や周波数を自由に切り替えて、空いている通信バンドをつかったり、これまで電波がなくて通信不可能なエリアでも通信出来るようになったという事です。

通信スピード調査の概要

都内4カ所(丸の内、新橋、品川、新宿)のエリアで、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用し、各地点で1回ずつ通信速度を計測。

調査結果

通信スピードは、都内4ヶ所の調査結果ともauが一番となりました。キャリアアグリゲーションのサービスを既に開始しているauとまだサービスを開始していないドコモやソフトバンクでは、auが一番となると思っていましたが、調査結果は予想通りの結果となりました。ただ、実際にキャリアアグリゲーションの効果であるかどうかについては、いずれも僅差であることを考えるとまだその効果はでていないように感じました。auのキャリアアグリゲーションは800MHzと2GHzの2つのバンドを利用しており、これまで800MHzを中心に人口カバー率99.9%を達成したauでは、今後、800MHzの基地局に重複して2GHzの基地局を整備して、はじめて効果がでてくるのではないかと思われます。

iphone6、都内スピード調査結果

iphone6、都内スピード調査結果

-iphoneニュース, 最新通信事情
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhone5発表イベント速報4 – iPhone5スペック

iPhoneスペック比較本日発表になったiPhone5と従来機種からどのように変わったのでしょうか?公式に発表

ドコモiphone販売、坪内副社長は語る「準備は万全」

次期iphone5sの発表がせまる中、ドコモからiphoneは出るのかどうかというのも注目となってます。大方の

IIJからも音声SIMが発売開始! SIMロックフリー端末から通話+データ通信が可能。

格安SIMを提供しているIIJ(インターネットイニシアチブ)から通話が可能なSIMが提供されるようになります。

iphone5s本体撮影写真

次期iphone5sを撮影した写真

次期iphone5sは発売になるんでしょうか?WWDC2013が開催され、次期iphone5sが発表されずちょ

これは以外!日本のネットワークは世界第4位

以外な調査結果が出ました。世界のネットワークからみると、接続率/ダウンロードスピードで評価すると世界第4位だそ

iPhone7の新色PRODUCT RED発売
iPhone7に色鮮やかな深紅のPRODUCT REDを追加、3月25日より発売されます。3月21日、アップル...
iPhone8は5.8インチ実現に一歩前進? 5.8インチはどのくらいかサイズ比較した
iPhone8の液晶サイズは5.8インチ。そのサイズ感を図解して調べてみた。 iPhone7/7PluとiPh...
iphone充電時間最悪、次期iPhoneでは急速充電タイプのLightning装備
昨年主要スマートフォンの充電時間を調べたリストが発表されています。その中でiPhone7Plusは最悪の3時間...
iPhone7s/7s Plusは9月、iPhone8は10月で今年後半に3機種発売
今年iPhoneは3機種発売。今までぼんやりとしていた今年のアップルの次期iPhoneの戦略がはっきりとしてき...
非正規で液晶修理しても液晶以外はアップルの証対象となるようです。
アップルの修理保証が緩和されるみたいです。これまで非正規でiPhoneを修理してしまうとアップルの保証対象外と...