iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

都内iphone6の通信スピード調査結果、やはりauが優勢か?

投稿日:2014年9月21日 更新日:

9月19日に一斉に発売されたiphone6。気になるのはその通信スピードだろう。さっそくマイナビニュースさんが都内4カ所で通信スピード調査をおこなっていたので紹介します。


iphone6_speedtest2

まず前提となるのは、iphone6はこれまでよりも劇的に通信スピードがアップするはずだということです。iphone6の通信規格はCategory6に対応しキャリアアグリゲーションを利用すると150Mbps(規格上は最大300Mbps)の最大スピードが実現可能です。
ちなみにiphone5s等のこれまでの機種では、最大でも100Mbpsとなります。

またiphone6ではこれまでのFDD-LTEに加えソフトバンクのAXGPやUQのWiMax2+等のTD-LTE通信も可能となりました。それだけ通信状況に応じて使える通信方式や周波数を自由に切り替えて、空いている通信バンドをつかったり、これまで電波がなくて通信不可能なエリアでも通信出来るようになったという事です。

通信スピード調査の概要

都内4カ所(丸の内、新橋、品川、新宿)のエリアで、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用し、各地点で1回ずつ通信速度を計測。

調査結果

通信スピードは、都内4ヶ所の調査結果ともauが一番となりました。キャリアアグリゲーションのサービスを既に開始しているauとまだサービスを開始していないドコモやソフトバンクでは、auが一番となると思っていましたが、調査結果は予想通りの結果となりました。ただ、実際にキャリアアグリゲーションの効果であるかどうかについては、いずれも僅差であることを考えるとまだその効果はでていないように感じました。auのキャリアアグリゲーションは800MHzと2GHzの2つのバンドを利用しており、これまで800MHzを中心に人口カバー率99.9%を達成したauでは、今後、800MHzの基地局に重複して2GHzの基地局を整備して、はじめて効果がでてくるのではないかと思われます。

iphone6、都内スピード調査結果

iphone6、都内スピード調査結果

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Loading
フィルタを追加»iPhone 8iPhone X予約予約受付
スペック&価格リンク
iPhone XSの価格および予約状況
最新iPhone XS/XS Maxの予約が既に開始されています。今年の予約状況は、まだこれからでも間に合うと...
2018年アップルスペシャルイベントを開催!
9月12日(日本時間13日午前2時)に、2018年の新しいiPhone製品発表がおこなわれました。会場は、アッ...
【iOS11】よくわからない「運転中の通知の停止」の動作と設定方法
iOS11を搭載したiPhoneは運転を自動的に検知し、通知を停止してくれる機能が付いた。よくわからないので調...
iPhoneの盗難・紛失に対応するドコモ「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」のすすめ
ケータイにも保険時代到来。ドコモ「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入だ!...
Face IDが誤認識! それは間違った学習をさせてしまったかも?
iPhoneXに搭載されているFace IDの誤認識率は、100万分の1。なぜかFace IDが誤認識する。そ...