iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

ドコモ、今年度中に225Mbpsのキャリアアグリゲーションに対応

投稿日:

ドコモは先日おこなわれた新製品発表会で、今年度(2014年度)中に最大通信速度225Mbpsが可能なキャリアアグリゲーションをスタートすると発表しました。

ドコモは今年度中の225Mbpsに対応


キャリアアグリゲーションは、通信規格4Gで導入された高速通信のためのLTE Advanced技術に含まれる手法の一つで、複数の周波数帯を同時に使用する技術。今年発売されたiphone6やiphone6 plusで対応する。キャリアアグリゲーションの対応は、KDDIが今年5月にいち早く対応し、ドコモも今年度中に対応を表明していましたが、今回その詳細を一歩踏み込んで発表しました。

ドコモのキャリアアグリゲーションは30MHz

現在ドコモが所有している周波数は、

  • 800MHz帯(10MHz幅)
  • 1.5GHz帯(15MHz幅)
  • 1.7GHz帯(20MHz幅)
  • 2GHz帯(15MHz幅)

で、最大通信速度225Mbpsを実現するには、30MHz(幅)が必要。これらの所有周波数を整理統合して今年度中にサービス開始するようだ。また、LTE基地局は、昨年比1.7倍の9万5,300局を開設予定であることも発表されました。

対応は都市部から

ドコモでは、キャリアアグリゲーションを利用できるエリアは「現在検討中」とのことだが、都心部を中心に、利用者が多い場所から対応していく予定。また、最大通信速度225Mbpsのほかに、東名阪では800MHzと1.7GHzを組み合わせた最大通信速度187.5Mbpsも使えるようにするようだ。

対応機種はiphone6とデータ専用端末のみ

この最大通信速度225Mbpsを実現するキャリアアグリゲーションを利用できる機種は、現在iphone6とデータ専用端末「HW-02G」と「L-01G」のあわせて3機種のみで、冬春モデルとして発表したスマートフォンは対応しない。
※iphone6は機種の制限により最大150Mbpsまでしか対応できません。

他社のキャリアアグリゲーションの対応状況

KDDIでは前述のとおり最大通信速度150Mbpsのキャリアアグリゲーションを今年5月から対応おり、KDDIの田中社長はengadgetのインタビューで来春にはドコモと同様の最大通信速度225Mbpsに対応することやスマートフォンの導入予定だと述べています。一方ソフトバンクは、AXGP(2.5GHz帯)で下り最大165Mbpsのキャリアアグリゲーションを9月から提供中で、最大187.5Mbpsを実現するキャリアアグリゲーションを2015年以降に提供の予定です。
 
参考にした記事:



スポンサーリンク

Posted By:管理人 カテゴリ:携帯会社

スポンサーリンク

Loading
フィルタを追加»iPhone 8iPhone X予約予約受付
スペック&価格リンク
iPhoneの盗難・紛失に対応するドコモ「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」のすすめ
ケータイにも保険時代到来。ドコモ「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入だ!...
ドコモ丸の内、まさかのiPhoneX当日販売なしの悲惨な状況!
まさかまさかのiPhoneX当日販売がなかったのは、ドコモショップの旗艦店「丸の内」。ドコモショップ「丸の内」...
au、盗難や故障等を最大4年間保証する新サービス「AppleCare+ & au端末サポート」を提供!
iPhone向けの保証サービス「AppleCare+ & au端末サポート」を9月22日より開始した。...
半額サポート for iPhoneの損得は!?
機種変更時に半額相当の残債を免除してくれるのがソフトバンクの「半額サポート for iPhone」だ。このサー...
新機種早く交換したい!支払い免除のアップデートプログラム/(a)/EX/EX(a)はなぜ4つも存在するのか?
残った支払いを免除するauのアップデートプログラムが、最近になって種類が急激に増えて最大4種類にもなっている。...