iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

ドコモ、今年度中に225Mbpsのキャリアアグリゲーションに対応

投稿日:

ドコモは先日おこなわれた新製品発表会で、今年度(2014年度)中に最大通信速度225Mbpsが可能なキャリアアグリゲーションをスタートすると発表しました。

ドコモは今年度中の225Mbpsに対応


キャリアアグリゲーションは、通信規格4Gで導入された高速通信のためのLTE Advanced技術に含まれる手法の一つで、複数の周波数帯を同時に使用する技術。今年発売されたiphone6やiphone6 plusで対応する。キャリアアグリゲーションの対応は、KDDIが今年5月にいち早く対応し、ドコモも今年度中に対応を表明していましたが、今回その詳細を一歩踏み込んで発表しました。

ドコモのキャリアアグリゲーションは30MHz

現在ドコモが所有している周波数は、

  • 800MHz帯(10MHz幅)
  • 1.5GHz帯(15MHz幅)
  • 1.7GHz帯(20MHz幅)
  • 2GHz帯(15MHz幅)

で、最大通信速度225Mbpsを実現するには、30MHz(幅)が必要。これらの所有周波数を整理統合して今年度中にサービス開始するようだ。また、LTE基地局は、昨年比1.7倍の9万5,300局を開設予定であることも発表されました。

対応は都市部から

ドコモでは、キャリアアグリゲーションを利用できるエリアは「現在検討中」とのことだが、都心部を中心に、利用者が多い場所から対応していく予定。また、最大通信速度225Mbpsのほかに、東名阪では800MHzと1.7GHzを組み合わせた最大通信速度187.5Mbpsも使えるようにするようだ。

対応機種はiphone6とデータ専用端末のみ

この最大通信速度225Mbpsを実現するキャリアアグリゲーションを利用できる機種は、現在iphone6とデータ専用端末「HW-02G」と「L-01G」のあわせて3機種のみで、冬春モデルとして発表したスマートフォンは対応しない。
※iphone6は機種の制限により最大150Mbpsまでしか対応できません。

他社のキャリアアグリゲーションの対応状況

KDDIでは前述のとおり最大通信速度150Mbpsのキャリアアグリゲーションを今年5月から対応おり、KDDIの田中社長はengadgetのインタビューで来春にはドコモと同様の最大通信速度225Mbpsに対応することやスマートフォンの導入予定だと述べています。一方ソフトバンクは、AXGP(2.5GHz帯)で下り最大165Mbpsのキャリアアグリゲーションを9月から提供中で、最大187.5Mbpsを実現するキャリアアグリゲーションを2015年以降に提供の予定です。
 
参考にした記事:



スポンサーリンク

公開日:2014/10/02 カテゴリ:携帯会社

スポンサーリンク

Loading
ソフトバンク、下り最速612Mbps法人向けモバイルルーターを発売!
モバイルで612Mbpsの下りスピードが可能となるのはびっくりだ。ソフトバンクが2月16日より法人向けモバイル...
さすがはソフトバンク、3月からスーパーフライディー第2弾開始!
大好評だった?スーパーフライデーの第2弾の内容が決定しました。ソフトバンクユーザなら毎週吉牛やミスドが無料でた...
ソフトバンクユーザがお得、今月は毎週サーティワンアイスクリームが無料
ソフトバンクユーザというだけで、毎週プレゼントを受られる「SUPER FRIDAY」。今月はサーティワンアイス...
Apple Watch在庫処分? 11,111円で販売。
ソフトバンクでは、期間中Apple Watchを11,111円で販売する。販売は全国のソフトバンクショップで取...
ソフトバンクがMVNO回線大幅値下げ! auも追随か
ソフトバンクがMVNO向けの回線使用料を値下げする方針があきらかになりました。この値下げ案は来年4月からで現在...