GT Advanced Technologies社が破産申請 - 今後のアップル製品へのサファイアガラス供給が気になる

先ほど、アップルへサファイアガラスを供給しているGT Advanced Technologies社の破産申請が発表になりました。来年にも発売となるApple Watchはどうなってしまうのでしょうか?

GT-Advanced-Technologies社


GT Advanced Technologies(以下GT社)は、昨年11月米国アリゾナ州でサファイアガラス製品の製造を開始しましたが、先ほどiLoungeは、GT社が破産(米連邦破産法第11条)を申請したと発表しました。米連邦破産法第11条は、日本でいう民事再生法にあたり直に操業停止ということではありませんが、サファイアガラスは、新型のiPhone6には採用されなかったもの、現在でもTouch IDやカメラレンズに使用されています。また同社のサファイアガラスは、来年にも発売されるApple Watchの主要部品にひとつで、今後のアップル製品への供給が心配されます。

GT社のアリゾナ州にある工場は、敷地サイズはフットボール球場の20倍以上のサイズにあたる140万平方フィートで、工場がフル稼働すれば、現在世界の100の工場が製造するサファイアパネルの2倍の製造量に達する大規模な工場です。
トップページ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})...
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/19/411/,マイナビより
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました