次期iphone6sは、4インチ液晶が復活?

今年は次期iphoneの噂がほとんど流れてません。そんな中本日、調査会社のITニュースサイトのDIGITIMES Research社は、次期iPhone6sでは、以前の4インチ液晶が復活と報じています。

iphone_size_3


現在最新のiPhone6は、4.7インチと5.5インチの2種類の液晶サイズが発売されています。画面が大きくなって大変見やすくなっていますが、反面これまでアップルがずっと守り続けた「片手で使える」というサイズではなくなっています。台湾のEMS Oneは、前出のDIGITIMES Research社の最新レポートで台湾系サプライチェーンの話として

次期iPhoneは、新型の4インチの液晶がラインナップされ、4.7インチ/5.5インチとともに液晶サイズが3種類になる

と報じています。
筆者もiPhone6(6plusではない)を購入しましたが、見やすくはなったと思いますが、操作的には持ち替えたり、ホームボタンの2度押し(画面が下にずれて上部のボタンに手が届きやすくなる)をすることにより操作がワンテンポずつ遅れるのが気になります。慣れの問題かもしれませんが、常にストレスは感じています。一方、iPhone5/5sを見るとやはり画面がかなり小さく見え、もう戻れないかもいう実感もあります。iphone6の4.7インチでは大きすぎるという感じは全くありませんが、アップルでもサイズをどうするかは迷っているようです。もし、次期iphoneで4インチサイズが復活するとユーザーはどちらを選ぶのでしょうか?

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました