iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

アップル、ロスアンゼルスの小中高生64万人にiPad配布計画が、FBIの調査対象に!

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

昨日、12.2インチのiPad Air plusの噂を掲載しましたが、アップルがこの現在より大型のiPadを開発するきっかけとなった計画がFBIの調査対象になり、この計画が中止となったことがあきらかになりました。

FBI_opens_investigation


この計画は、全米で2番目に大きいロスアンゼルス学校区の小中高生の64万人に、iPadを2014年度末までに配布する計画で、サムスンなど12社が入札し、アップルに決定しましたが、最初の300台を一部の高校に配布後、1週間でiPadのセキュリティーが破られ、生徒が勝手に自分の好みのアプリをインストールされてしまうという問題が発生し、配布計画そのものが宙に浮いていました。

参照:

今回、9to5Macは、”この契約に対してFBIが調査をすることになり、計画そのものが中止した”と報じています。Los Angeles Timesは、この契約に際しこの計画を推進したPearson社にアップルが便宜を図ったとの疑いがあるとの事です。

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>iphoneニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る