iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

最新通信事情

au,キャリアアグリゲーション対応基地局を前倒しで増強中

投稿日:2014年12月29日 更新日:

auの下りのダウンロード速度が最大150Mbpsとなるキャリアアグリゲーション対応の基地局がどんどん増強中です。3ヶ月も早く2万局を達成。


01_400x227

3ヶ月で1万局ずつを増強

auのキャリアアグリゲーション(以下CA)は、800MHzと2.1GHzのデュアルバンドで実現します。この対応基地局が予定では今年度中としていた2万局達成が早くも今月で達成しました。今年6月にCA対応を発表した時点では2,000局でスタートしましたが、9月には1万局、そして12月に2万局と四半期で約1万局を増強しています。これは一時期ソフトバンクの基地局増設計画にもまさる勢いです。このペースだと今年度末には3万局になる勢いです。3万局にもなれば、これまでのエリアカバー率でもほぼ全国を網羅できるものと思われ、150Mbpsでの高速通信ができるはずです。

iPhone6はまだCAに対応していない

iPhone6およびiPhone6Plusでは、150MbpsのCA通信に対応していますが、まだ実際には使うことができません。今後iOSのアップデートをすることで使えるようになるかも知れませんが、この最新の環境で使うには現在のところ、auのCA対応のスマートフォンを利用することになります。

他のキャリアの対応は

ドコモもCA対応は具体的に進行しており、800MHz,1.5GHz,1.7GHz,2.1GHzの4つのバンドを利用し最大225Mbpsの高速通信を実現させようとしています。CAに関しては、auのCAは2バンドですがドコモは最大4つのバンドのなかから2バンドを選択してauよりお高速な環境を実現する方向性のようです。一方一番消極的なのがソフトバンクで、具体的なスケジュールはなく来年度中にCAが使えるようになるという程度です。たぶんCAの実質的な普及にはまだ時間がかかるとしていつものとおりその時期が来たら一気に仕上げるつもりなのかも知れません。

ソフトバンクは別として、高速通信環境はauかドコモということになるのかも知れません!

-最新通信事情
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

来年度から携帯『つながりやすさ』表示統一へ

NTTドコモをはじめ通信各社は来年度より「通信速度」や「エリア」等の携帯の『つながりやすさ』の表示方法を統一す

ソフトバンクニュース

ソフトバンク、21日から導入予定だった通話定額『すま放題』を延期。ドコモ新料金に対抗し内容を変更か?

ソフトバンクは、同社の通話定額『すま放題』のサービス開始の延期を発表しました。今月10日発表されたドコモの新料

都内iphone6の通信スピード調査結果、やはりauが優勢か?

9月19日に一斉に発売されたiphone6。気になるのはその通信スピードだろう。さっそくマイナビニュースさんが

au/4g/lte画像

auのLTEは本当に改善されるのか?

auは一連の通信障害で今年5月時点でのiphoneのLTEの人口カバー率に対する資料を出してきた。資料によると

2013年最新電波事情

つながっても使えない? 2013年LTE電波最新事情、総まとめ

2013年、au,softbank,docomoは、自社独自集計による電波のつながりやすさを強調し、各社ネット

ドコモ、驚かずにはいられない682Mbps通信サービス開始
さすがはドコモです。3月9日より国内最速となる682Mbps通信サービスを開始します。いつの間にこんなにスピー...
ドコモ、全国の実効速度計測値を公表
ドコモからスマートフォンの通信速度の統一基準による計測値が発表となりました。iPhoneの場合、下りの通信速度...
新幹線全駅で通信速度を調査 ー iPhone6S、2015年版
本日の話題は全国の新幹線全駅による通信速度調査。auが他のキャリアを抑えてトップに!ビジネスマンとして活躍して...
今度こそ料金値下げなるか? NTT鵜浦博夫社長「前向きに検討」
先日安倍首相が、携帯料金が家計を圧迫していると料金値下げを指示。本日の日経新聞が、NTT鵜浦博夫とのインタビュ...
総務省のガイドラインによる実効速度計測が始まる - 全国調査
「どこのキャリアが速い?」と長年消費者を悩ませてきた問題が解決しそうです。iPhone等を購入する場合キャリア...