iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

【速報】ソフトバンクグループ統合! ワイモバイルを吸収

投稿日:2015年1月23日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

先ほど、ソフトバンクより重大なお知らせが発表となりました。ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社が合併することがそれぞれの取締役会で承認されました。

softbank_hikariset


ビックなニュースです。ソフトバンクグループ4社が統合し、ワイモバイルも吸収合併されることになりました。ソフトバンクの発表内容によると、ソフトバンクモバイル株式会社が存続会社となり、「Y!mobile」はブランドとして今後も継続されるという事です。

統合するソフトバンクグループ会社
ソフトバンクモバイル株式会社 存続
ソフトバンクBB株式会社 消滅
ソフトバンクテレコム株式会社 消滅
ワイモバイル株式会社 消滅

合併する4社は、それぞれソフトバンクモバイルは「ソフトバンク」ブランドで移動通信サービスを、ソフトバンクBBは「Yahoo!BB」ブランドでブロードバンドサービスを、ソフトバンクテレコムは固定電話やデータ通信などの通信サービスを、ワイモバイルは「Y!mobile」ブランドで移動通信サービスをそれぞれ提供しており、これらの事業統合とソフトバンクグループで運営しているロボット事業や太陽光発電によるエネルギー事業等を含めるとソフトバンクグループのさらなる飛躍が望めるということになりそうです。

softbank_oshirase

ソフトバンクグループ統合の概要

合併期日:2015年4月1日
代表取締役会長:孫 正義
代表取締役社長:宮内 謙
合併後の資本金:177,251百万円

ソフトバンク、Y!モバイルのブランドは今後も継続

ソフトバンク、Y!モバイルのブランドは今後も継続するとしており、直近でのこれらのユーザへの直接の影響はないと思われますが、長期的に見るとそれぞれ分離としてるユーザーはいづれは統合され、サービス内容も統一を図っていくのではないかと思われます。現在Y!モバイルは、低価格志向ユーザを取り込んでいますが、これもいづれは、ソフトバンクのプランのひとつになるような気がします。

今後、新規の電波割り当てに影響してくるのでは?

この合併により心配になるのは、総務省が各社に割り当てる新規の電波割り当てに影響がでてくるのではないかという点です。

総務社はドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの各社に不公平がないように、電波の割り当てをおこないます。ソフトバンクは、現在でも他2社と比較すると電波の割り当てされている帯域は一番多いです。今回の合併で影響がでるように思われますが、昨年総務省は新規の電波の割り当ては、各社単位ではなくグループ会社も含めて検討する方針を示しており、この点ではソフトバンクモバイルは、合併の影響は少ないのではないかと評価したものと思われます。

ソフトバンクグループには、もう一つワイヤレスシティプランニング(WCP)という会社があるのですが、ここはLTEの2.5GHzの電波帯域を保持しており、WCPを合併の対象にしなかったのはここを抜け道にするというソフトバンクモバイルの思惑もあるように思えます。

※ワイヤレスシティプランニングについては、こちら(ウィキペディア)を参考にしてください。

ソフトバンクからの『お知らせ』は以下より

ソフトバンクグループの合併による株式統合比率などの詳細は、以下のソフトバンクからのお知らせを参照してください

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る