かなりデカイ『iPad Pro』はスタイラスペンとともに発売か? (コンセプト画像あり)

今年Apple WatchやMacBook Air12インチとともに登場が期待される12インチサイズのiPad Proですが、だんだんと具体的になっており、スタイラスペンがオプションで登場思想です。今回はあらたにiPad Proのコンセプト画像も入手できましたので紹介しよう!


以下のコンセプト画像を作成したのは、アップル新製品のコンセプト画像をよく公開してくれるデザイナーのMartin Hajek氏。最新のiPadと比べると本体のフレーム部分がかなり広く、スタイラスペンを除けば初代iPadを思い浮かべてしまうようなイメージ。なぜ今風に狭縁にしていないのか定かじゃないですが、想像するに個人向けユーザ中心ではなく、ビジネス等の現場での使用を意識してモデルにしようとしたのかも知れません。
ipad-pro-12inch-stylus-8
現行のiPad Air2やiPad mini3と並べた画像が以下で、12インチのiPad Proの巨大なサイズ感がわかるだろう。
ipad-pro-12inch-stylus-2
スタイラスペンが登場するかどうかはまだわかりませんが、iPad Proの広い画面は、より微細な部分の処理に向いており、これまでになかったような画像処理アプリが登場するはずで、スタイラスペンの利用は必須の条件ともなりそう。そのスタイラスペンですが、ボリューム調整のスイッチと生体センサーが搭載されると予測しているようです。
ipad-pro-12inch-stylus-5
またこのスタイラスペンのノック部分に相当する所には光るアップルロゴがデザインされており、色は白と黒の2色を用意。このデザインはかなり洗練された美しさを伴うものです。
ipad-pro-12inch-stylus-7
さて、これらはコンセプトデザインの段階でアップルがそのまま製品化されるとは限りませんが、今後どのように変化していくのか楽しみですね。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました