iOS端末を専用にねらうスパイウェア『XAgent』が発見されました

2月4日、セキュリティ企業のトレンドマイクロは、iOS端末を専用にねらうスパイウェア『xAgent』が発見されたと報告しました。


トレンドマイクロ

XAgentは盗んだ情報を外部に送信

「XAgent」は、iOS端末に感染し、端末上の写真やデータを含む個人情報を盗み出すスパイウェアです。盗み出すデータは、

  • テキストメッセージ
  • アドレス帳
  • 写真
  • 位置情報データ
  • 音声録音
  • インストールされているアプリのリスト
  • 処理プロセスのリスト
  • Wi-Fiのステータス

などのデータで、外部のサーバーに送信します。

感染しても気づかない

このスパイウェアは感染するとバックグランドで動作しますが、iOS7端末に感染した場合は、アプリは隠れて見えずしかも、動作していることに気づいてバックグラウンドからタスクを削除したとしても、瞬間的にすぐ再起動してしまいます。iOS8端末の場合は、タスクから削除すれば自動的に再起動することもないといった違いがあります。

感染ルートははっきりしていない

感染ルートははっきりしていないものの、送られてきたメールのリンクをクリックするよう促されるケースが多いのでは、とトレンドマイクロは見ています。くれくれも安易に見知らぬリンクをクリックしないようにするのが最大の防御です。

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました