iOS8にアップデートするユーザが急増! 70%の大台に

ようやくiOS8のシェアが70%台に! iOS8にすると動作が心配とアップデートを控えていたユーザがようやくiOS7から乗り換え始めたようです。

ios8シェア

by Apple Developper

iOS8は20日後でも40%弱

昨年WWDCで発表されたiOS8は、大々的に内容が変更されかなり使いやすさの向上が図られましたが、その代償として不具合が多発し、動作が不安定になったりみなさん乗り換えを控えていたようです。下記のグラフで見るとわかるとおり、iOS7がわずか1日で20%に達したのに対し、iOS8は3日後で、さらに20日経ってもiOS8は40%以下の状態(同iOS7は60%弱)。Apple Developerによると現在の最新のシェアは72%になりました。

リリース直後のiOS別シェア

リリース直後のiOS別シェア

アップデート時のデータ容量が増大したのも原因

不具合多発も大きな原因でしたが、iOS8のシェアが伸びなかったもう一つの理由としてあげられるのは、アップデートのデータ容量が大きくインストールするiPhone等にかなりのメモリーの空き容量が必要だったり、WiFi接続が必要になったことも大きな要因として挙げられます。つい先日リリースされたiOS8.1.3ではようやくこの点も改良され、アップデートしやすくなりました

iOS8対応のデバイスはiPhone4s以降

ようやく普及し始めたiOS8ですが、これまで控えていたユーザもiOS8にアップデートを検討してみてはいかがでしょうか。iOS8に対応するデバイスは、iPhone4s以降のiphoneとiPad2以降およびiPad miniの全モデル、そして第5世代のiPod touchも対応しています。

iOS8の最新のシェアを調べるには、以下のリンクで見ることができます。

Initializing…
iOS
スポンサーリンク
\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

関連記事

iPhoneミステリアス
\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました