iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

カメラで失くした物の場所を探索 - 「pixie」

投稿日:2015年2月8日 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

これまでにない失くした物や探し物の場所がカメラで覗くとひと目でわかる。「pixie」は最新の位置情報探索技術を応用した追跡タグだ。

pixieで探し物をする3

これまで同様の製品では地図上に物の位置が表示されるか音を鳴らして場所を特定するのが一般的でしたが、これは、わずか数センチの誤差で場所がわかるので上図のようにカメラの画像上に探したい物の場所が「×」で表示することができます。

pixie points(タグ)は、47mm×35mm×3.2mmというかなり薄くコンパクトなもので、裏面がシールになっているのでリモコン等探す物に貼り付けて使用します。
pixieで探し物をする4
pixie points同士は、お互いに通信しあいそれぞれの距離を把握する独自のセキュアなネットワークを構築する。
pixieで探し物をする6
pixieは、iphoneやAndoridのアプリを利用して物の場所を特定します。先に説明したカメラで探索できる他、アプリ上のリストから選択すると、探したい物までの距離情報付きで誘導することができます。
dpixieで探し物をする2
すると、車の中に置き忘れたiPadを検索することができます。

pixieで探し物をする5

最大到達距離は150フィート(45.72メートル)、位置情報の精度誤差1フィート(30.48cm)以内で、バッテリー寿命は18カ月。かなりの長寿命設計だ。

Pixie Pointsは以下のサイトより先行予約を受付中で、価格は1パック(4枚)が39.95ドル(約4700円)、2パック(8枚)が74.90ドル(約8800円)、3パック(12枚)が110.85ドル(約1万3000円)となっています。日本への発送は別途10ドル(約1100円)が必要です。

https://www.getpixie.com/
pixie_top

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/
Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る