「Softbank 光」セット割が好調、早くも10万件を突破。

自宅の固定回線と携帯のセット割が解禁されましたが、Softbank光が好調で申し込みが10万件を突破したことがあきらかになりました。

softbank光
3月1日よりNTT東西とのコラボレーションモデルを利用した自社型ブロードバンドサービスと従来の携帯回線のセット割が解禁され、ドコモ、au、ソフトバンクの各社とも熾烈な戦いを強いられている。auとソフトバンクは契約回線毎に割引、ドコモは家族で割引が適用される等の違いがあり、ドコモは最大3,200円割引、ソフトバンクは2,000円割引とキャッチフレーズに惑わされずにしっかりと内容を吟味して、加入するようにした。
各社のセット割の違いは下記のサイトが詳しいので参照してください。
ドコモ光、SoftBank光、スマートバリュー、の料金や申込条件、キャンペーンを徹底比較 - iPhone Mania
各キャリアのセット割(スマート値引き、ドコモ光パック、auスマートバリュー)の情報を随時更新中! (スマートフォンでご覧の方は、表をピンチアウトすると拡大して見ることができます) 各セット割ともに特殊な場合を除き、月額料金が割引されるお得なサービスです。  

ソフトバンクは好調、ドコモ苦戦か

そんな熾烈競争のなか、3月2日現在ソフトバンク光セット割への申し込みが10万件を突破したことがわかりました。ソフトバンクは従来からNTT東西のフレッツの代理店をやっており、顧客リストが多いに役に立ったという。一方ドコモは、コールセンターに1千人規模の人員を確保し万全の体制で挑んでいますが、まだ結果は出ていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました