iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

米フォーチュン誌が選ぶ2015年「最も偉大なリーダー」のトップにアップルの「ティムクック」CEOを選出

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

アップルのティムクックCEOが、2015年フォーチュン誌が選ぶ「50人の最も偉大なリーダー」のトップになりました。

fortune-top50

3月26日、米フォーチュン誌は今年の「The World’s 50 Greatest Leaders」を発表しました。

クック氏が選考理由としては

同氏がAppleのCEOに就任して以来、同社の株価は過去最高になり、同時に「Apple Watch」や「Apple Pay」の発表でAppleが革新的な企業であり続けていることを示したことを評価

として、今年のトップとなりました。

アップルの今日の業績はティムの功績

ティム氏は、スティーブジョブズが2011年10月にiphone4sの発表翌日に亡くなって以来4年間アップルの舵取りをしており、昨年11月25日時価総額7000億ドルを突破、世界企業の歴代記録の更新をしました。今年はさらに4月24日からApple Watchの発売も控えており今年アップルの業績の発展も間違いないものと思われます。もはやティムクック氏の手腕であることは疑いようありません。今年のトップオブリーダ選出はフロッグでありません。
timcook-fortone-top

自身がゲイだとカミングアウト

ティムクックは今年、自身がゲイであることを告白しました。これについては、ティムはフォーチュン誌とのインタビューで、次のように語っています。

カミングアウトできなかったりいじめられて自殺をはかる子どものためと、性的指向によって解雇することを可能にしている州法を問題視しているためだ


※ティムは、Fortune 500社のCEOとして初めて同性愛者であることをカミングアウト

(via Fortune)

 

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/
Posted By:管理人

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る