シャープ、5.5インチ4K液晶を開発

スマホにも4K液晶が搭載されるかも知れません。シャープから2016年中にもスマホ用の5.5インチ4K液晶が登場しそうだ。
シャープの4KIGZO液晶
4月13日、シャープのIGZO液晶が従来の画素の1/4になる4K液晶を開発中と発表しました。発表された液晶パネルの画素数は3,840×2,160で解像度は806ppi。早ければ2016年中に遅くとも2017年の初めには、搭載されたスマホが登場しそうです。
画素サイズは1/4
4Kテレビもまだ普及していない中、早くもスマホに導入になるわけですが本当に必要かどうかは議論になりそうです。現在のiphoneやiPadのRetina液晶は、画素が人間の目で識別不可能ということでRetina(網膜)ディスプレイと名付けれられています。これをさらに1/4にする4K液晶は必要か疑問です。現在通信量の大半を画像や動画で占められています。通信はこれからもどんどん早くなっていくと思われますが、画像を軽くしてもっときびきびと動いてくれた方がよさそうな気がしますが、どうなんでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました