iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

KDDIの最新ガラホ「AQUOS K」は、月額1,798円~と従来のガラケーと同等料金に抑えた。

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

去る5月14日に、KDDIは夏モデルの新製品発表会がおこなわれました。特にガラホと呼ばれるAndroid搭載の従来型のケータイ「AQUOS K」について注目です

ガラホと呼ばれる従来型ケータイの進化

ガラケーというは聞いたことはあると思いますが、2つ折りなどの外見をそのままにしたスマートフォン「ガラホ」と言います。今回発表されたシャープのAQUOS K(SHF32)は、ガラホとしては2代目にあたり、今年2月のSHF31が発表されています。この両者の違いは、音声通話にVoLTE対応しているかどうかです。VoLTEが高音質でクリアな通話ができるのは既にご存じだと思いますが、auにとっては、通話とインターネットが同時に使用可能になるという劇的な改善点があります。わずかの差で初代SHF31 を購入された方がかわいそうなくらいです。

ガラケーとおなじお得な料金体系

まだガラケーを使っている方の理由のひとつとして、スマートフォンは料金がばか高くなってしまうことですが、今回KDDIの田中社長が発表したのは、ガラホに乗り換えても料金はおなじということ。au同士は1時~21時までの通話が無料となるVKプランは、月額料金は1,798 円(税別)がら使用可能です。これだと本当に今使っているガラケーの料金とほぼおなじくなると思います。その他に通話定額対応のプランやパケット定額(2G~13G)と使った分によるダブル定額などが用意されています。

 

auで発表したガラホ向けの料金

auで発表したガラホ向けの料金

 

auのAQUOS Kは、LTEやWi-FIが使用可能

ドコモでもこの前日にガラホを発表していますが、ドコモのものはLTEやWi-Fiを使えなくしてコストを抑えたつくりになっていますが、auのAQUOS Kは、どちらも使えるほかテザリングにも対応します。どちらがいいのかはもうはっきりしていますね。

 

 

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>携帯会社ニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る