iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

本日、ソフトバンクの発表した夏モデルおよびサービスの速報

投稿日:2015年5月19日 更新日:

 

5月19日、ソフトバンクは10時より2015年夏モデルおよびサービスの発表会をおこないました。発表になったスマートフォン4機種、surface3 LTEタブレットおよびサービスを速報します。

ソフトバンクの発表したスマートフォン(4機種)

発表会ではソフトバンクの宮内社長が登壇し、ソフトバンクよりXperia Z4を含め4機種のスマートフォン、ワイモバイルよりマイクロソフトのsurface3 LTEタブレットおよびスマートTV等の新機種を発表。発表されたスマートフォンはすべてVoLTEに対応しますが、従来のスマートフォンでもVoLTE並みの高音質を実現できる3G HDボイスなどの発表もおこなわれました。

ソフトバンクの新機種

今回発表になったスマートフォンは、Xperia Z4、AQUOS Xx、AQUOS Xristal2、Galaxy S6 Edgeの4機種。すべてVoLTEに対応しています。

Xperia Z4

ドコモやauでもこの夏ラインナップされたXperia Z4をソフトバンクからも発売されることとなりました。Xperia Z4は、リアのカメラの画素数は現在発売されているスマートフォンの最高となる2070万画素。加えてフロントカメラも510万画素とこれも最高の画素数を誇るソニーのスマートフォンの最新機種。

XPERIA Z4

AQUOS Xx(ダブルエックス)

液晶に「S-Pure LED」を採用し、色再現力の優れたスマートフォン。AQUOSシリーズのフラグシップの機種。液晶サイズは5.7インチ。

AQUOS Xx

AQUOS Crystal2

ご存知、フレームレスの全面液晶となったソフトバンク専用モデル「AQUOS Crystal」の最新バージョン。液晶サイズは5.2インチで、防水、おサイフケータイ、ワンセグの全部込みの機種です。

AQUOS Crystal2
Galaxy S6 Edge

ソフトバンクがはじめて取り扱うGalaxy製品。左右両サイドをにエッジスクリーンを搭載したスマートフォン。このデュアルエッジスクリーン以外にも、ワイヤレス充電やCPUのオクタコアを採用し従来より50%も処理速度が速い注目の機種です。

デバイス商品2機種

モバイルシアター

プロジェクター機能を搭載したモバイルシアターを新発売。120インチまで投影可能でLTEに対応しています。またモバイルバッテリの変わりにもなり、iphoneを3回分充電も可能です。

モバイルシアター

PhotoVisionTV2

従来機種と異なるのはWiFiダイレクトに対応し、スマートフォンと連携しYoutubeも視聴可能となりました。

Photo VisionTV2

ワイモバイルよりSurface3タブレットを発売

ソフトバンクがマイクロソフトとタブレット販売について業務提携? マイクロソフトが今後発売するSurface3 LTE版がワイモバイルより販売することとなりました。

Microsoft Surface3

サービス

3G HDボイス

従来のVoLTE未対応機種でも、VoLTE並みに高品質な通話を実現する3G HDボイスを4,5月にサービス開始。VoLTEは、VoLTE対応機種同士のみが高品質通話が可能ですが、ソフトバンクのネットワークの調整によりVoLTE未対応の機種でも音声の品質が向上する技術です。

パーソナルブレインサービス

IBM社の開発した人工知能「ワトソン」をスマートフォンからも使えるようにするサービス。2015年度内にサービス開始。

パーソナルブレイン

Yahooスマートショッピングと完全連携

Yahooスマートショッピングとスマートフォンを連携すると、会員登録不要(スマートログイン)、決済情報不要(スマート決済)ですべてのログインや決済をスマートフォンからお手軽にできるようにするとの事です。2015年10月からスタート

質疑応答

最後に会場でおこなわれた質疑応答がありましたので、掲載します。

Q:SIMロック解除について、他キャリアと同じ180日後とのことだが、経営への影響は?
A:SIMロック解除については他キャリアと同じ。MVNOとかあるが、どのくらいのパーセンテージまでいくか。隣の韓国の連中の意見を聞いている。韓国でも政府がMVNOを後押ししているが、最初は伸びるが、最終的にあるパーセンテージに落ち着く。SIMロック解除は、海外に飛んでばんばんSIMを入れ替える、そういった人には便利なのかもしれないが、国内でSIMを入れ替えて、こっちのほうが安いからと、そういった方がどれくらいいるか計り知れない。我々としてはスマホの上でどれだけ価値をつくるか。それがキャリアの仕事。2年間ゆっくり使っていただく。早いサイクルで変えたい人には、そういったサービスも提供している。SIMアンロックは総務省の指示にしたがってそういうふうにしたが、私どもの見解としては、お店できっちりサービスを提供して、お客様に安心して使っていただく。そういった思いなので、あまり影響はないと考えている。Q:他社さんのようにガラホ、Androidプラットフォームのフィーチャーフォンの発売は?
A:ガラケーとかガラホも順次、少数ですが出していく。そういったニーズがある。でも本質的にガラケーというのは、最終的には必要なくなる。そこまでいうと強烈だが、80歳近いシニア層も、60代もスマホの比率は5%しかない。でも本当はスマートフォンを使いたいという深層心理が高まっている。残念ながらすこしだけバリアがある。ちょっとしたことがバリアになって、やっぱりガラケーに戻るという方もいらっしゃる。スマホをもっと普及させるための、スマホのエバンジェリストのような人たちをもっと広げていきたい。どう考えても、写真をとってストレージして、メールで送ったり、音楽を聞いたり、どう考えてもスマホのほうが優れている。

Q:本日Surface 3 LTEを発表したが、Windows 10 for Mobileスマートフォンの発売は?
A:具体的には決まっていないが、今後順次やっていきたい。ワイモバチームはマイクロソフトとリンクしてやっているので、やっていければと。

Q:1年半ぶりの発表会開催のねらいは?
A:発表会、過去1年半もやってなかったかな。そんなに経ちましたっけ。今回の狙いは、Androidをフルラインナップしたよ。Androidにソフトバンクとしても力を入れるよ。そして、7〜8年前にぼくらがiPhoneを独占的にやらせていただいた頃、そのときはスマートフォンはスタートダッシュだった。その時代、ガラケーのほうが使いやすいよという時代だった。でも一点突破でスマートフォンをやってきた。そして今、バラエティに富んだ製品、Surface 3 LTEなど。そんな意味で、我々がマルチに、iPhoneプラスAndroidもハイエンド製品、どんどん揃えていくよというメッセージを出したかったのが1点。そしてサービスも紹介したかった。今後もタイミングを見てそういった新商品、サービスの発表会をやっていきたいと思っている。

Q:ソフトバンクとワイモバイルがひとつの会社になる。ブランドが違うだけになる。今回の発表会ではワイモバイル色が薄くなった気がするが、今後の棲み分けはどうするか。
A:今後も一貫してソフトバンクとワイモバイルのブランドはしっかり作っていく。専務の今井のもとにソフトバンクグループとワイモバイルグループがわかれている。今回はワイモバイルの製品発表の数が少ないからそういうふうに思われたのかと思うが、量販店に行けば、ソフトバンクとワイモバイルは協力関係でも競合関係でもある。ワイモバイルの価格はソフトバンクよりも少し安い。そういう意味で、ツーブランド作戦を続けていきたい。決して、片方が強い弱いというものではない。

Q:SIMロックフリーで180日縛りを設ける理由は?
A:本当に優良なお客だけなら180日縛りを設けなくてもいいが、みなさんもご存知だと思うが、一括ゼロ円で販売すれば、業者みたいな人が来て、中国に転売してしまう。iPhoneなんか、SIMフリーだと10万円くらいで買って行ってしまう。アンロックされている端末も、Appleで2万円くらい高く売ってる。もしそういうニーズがあれば、私も価格を高くして売りたい。皆さんはプロだから必要かもしれないが、一般ユーザーはそうではない。6ヶ月くらいの猶予は必要。

Q:ソフトバンク全体の状況について、どういう状況に置かれていると把握しているか。端末販売も落ち込んでいたり、ワイモバイルもブランドが変わって伸びたとかいうそういう状況でもないし、今回何が出てくるのかと思ったらSurfaceだけ。ネタ振りだけでたいしたことない感が強いが。
A:純増の数字は落ちている。申し上げたいのは、スマートフォンを増やしていきたい。少なくとも昔のような高成長でパーッと伸ばしていく時代ではない。そういった危機感も感じている。数を追いかけることはいくらでもできる。私が言いたいのは、スマートフォンを着実に、例えばスマートフォンを100万台着実に増やせば、どういう数字になるか、おわかりになると思う。でも私は、今の日本の置かれてるシチュエーションからすると、アグレッシブにガンガン数を取るよりも、ほんとうの意味でスマートフォンを100万、200万増やしていく、そういったふうに経営戦略を変えている。どれだけIT技術がコスト削減するか、私の使命は、今回の4社の統合効果をどれだけ伸ばすか。それぞれの会社がたくさん数をとってくる。でも、利益につながらないのはだめ。統合効果と成長効果、そしてテクノロジー、単に利益だけを伸ばしても意味がない。エンドユーザーの感じられる価値、そういったものを伸ばす。

Q:以前はソフトバンクでしか買えない端末があったが、今はない。つまらない会社になって、ユーザーが離れてしまう可能性があるのでは?
A:端末で差別化をはかるのは難しい。かつてiPhoneを独占販売している時代もあった。今は、端末のうえでどういったサービスを提供できるか。今はステージが変わったということ。

Q:以前スプリントと組んで端末を共同調達という話があったが、これはいま続いているのか。
A:スプリントとは会社を作ってやろうと考えていたが、それはやめた。共同プロジェクトチームを作る。それは年がら年中やっている。

2015年5月19日におこなわれたソフトバンクの新製品発表会の動画を見たい方はこちらのリンクより

スポンサーリンク

公開日:2015/05/19 カテゴリ:携帯会社

スポンサーリンク

Loading
ソフトバンク、下り最速612Mbps法人向けモバイルルーターを発売!
モバイルで612Mbpsの下りスピードが可能となるのはびっくりだ。ソフトバンクが2月16日より法人向けモバイル...
さすがはソフトバンク、3月からスーパーフライディー第2弾開始!
大好評だった?スーパーフライデーの第2弾の内容が決定しました。ソフトバンクユーザなら毎週吉牛やミスドが無料でた...
ソフトバンクユーザがお得、今月は毎週サーティワンアイスクリームが無料
ソフトバンクユーザというだけで、毎週プレゼントを受られる「SUPER FRIDAY」。今月はサーティワンアイス...
Apple Watch在庫処分? 11,111円で販売。
ソフトバンクでは、期間中Apple Watchを11,111円で販売する。販売は全国のソフトバンクショップで取...
ソフトバンクがMVNO回線大幅値下げ! auも追随か
ソフトバンクがMVNO向けの回線使用料を値下げする方針があきらかになりました。この値下げ案は来年4月からで現在...