iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

アップルの謎の自動車の正体は、地図データ収集のため。

投稿日: Posted By:管理人

関連キーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

今年2月頃、カメラを搭載したアップルの自動車がアメリカ・カルフォルニア州を走行していたのが目撃されましたが、地図データ収集のためであることが、確認されました。


この謎の車は、屋根にいくつかのカメラとタイヤに距離を測るためのセンサーを備え付けており、googleのストリートビュー撮影車のようなものか、または自動運転の実験のための車両かと憶測を呼びましたが、アップルは、「Apple Maps vehicles」というサイトをオープンし、この車が地図データの収集のためで、世界各地を現在走行中であることを公表しました。

Apple Maps vehicles

Apple is driving vehicles around the world to collect data which will be used to improve Apple Maps. Some of this data will be published in future Apple Maps updates.

このサイトによると、6月15日から30日の間、アメリカ各地の他イギリスやアイルランドを走行することを予定しており、アメリカ以外にもデータ収集が始まったことを明らかにしています。

アップルの純正地図もGoogleストリートビューのような地図を装備するのでしょうか?

アップルの地図といえば、上空から俯瞰したようなFlyOverビュー3D建物表示ルート案内ローカル検索が主な機能で、このうちの3D建物表示やローカル検索に収集したデータを利用するのではないかと思われます。

車でデータを収集する際に、人物の顔や写った車のナンバー等Googleのストリートビューで問題になったプライバシー侵害の問題についても、アップルは自動的にぼかしをいれることを表明しています。

 

上図:アップルの地図データ収集カー

上図:アップルの地図データ収集カー

下図:グーグルのストリートビューカー

下図:グーグルのストリートビューカー


(via ロイター)

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(336×280 右2)

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

>>>アップル総合ニュース

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る