iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

次期iPhone6sは新アルミボディ採用により60%頑丈に!

投稿日:2015年6月14日 更新日:

今年秋に発売となるiPhone6sには、Apple Watchに採用されたアルミニウム7000採用し、ポケットの中で折れ曲がるような心配する必要もなくなりそうです。


iphone6sはアルミボディ

スポンサーリンク




薄くなったiphoneは曲がってしまう等強度不足?

年々薄くなるiphoneは強度不足が心配されるところで、昨年iphone6が発売されたときもポケットの中でiphoneが曲がってしまったとか、本体の強度試験にために悲惨な状況になっったiphoneの画像や動画が公開されてました。

特にiphone6sだけが強度不足というわけではなく、最新のGalaxy S6 Edgeでも同じ状態にあります。むしろiphone6sの方が液晶の割れを含めた点では、iphoneの方が頑丈との評価です。

参考記事:「Galaxy S6 Edge」も簡単に折れ曲がることが判明!強度は …
もう一度、iphone6やGalaxyの強度試験の動画をごらんになりたい場合は、以下の動画をどうぞ!

現行のiPhone6ボディの素材は、アルミニウム6000を採用されておりこれはiPhone5から同素材が採用されています。ただ同じ素材でもiPhone5の方が強く、iPhone5の厚さが7.6ミリ、iPhone6が6.9ミリと薄くなっており、この薄さが強度不足がもっとも大きな原因に間違いありません。

参考記事:iPhone 6はiPhone 5の約半分の強度しかないことが実際の …

iPhone6sには、アルミニウム7000を採用

アルミニウム7000は、今年発売となったApple Watchに採用されている素材で、他の合金にくらべて60%強く、ステンレススティールの密度の3分の1で非常に軽い素材です。表面は陽極酸化皮膜処理(アルミニウム6000は酸化皮膜処理)が施され、キズや腐食にもさらに強くなっています。次期のiphone6にはさらに薄型化されてくると思われますが、このアルミニウム7000の採用により、ポケットの中でも曲がりにくく、かつ裸で持ち歩いても傷の心配する必要がなくなりそうです。

本記事を書くときに参考にしたページ




その他記事中のリンクをご参照ください<

スポンサーリンク




スペック&価格リンク
米アップル、充電出来ない、Wifiの不具合などを修正したiOS12.0.
2018年10月12日 2018:10:12:06:20:27
【iPhone】PC動画をアップロードする簡単な方法
2018年10月12日 2018:10:12:06:12:47
ホームボタンのないiPhoneの操作方法
2018年10月09日 2018:10:09:06:36:31
iOS12の新機能「Siriショートカット」を使いこなす
2018年10月06日 2018:10:06:06:12:15
iOS12に不具合
2018年10月03日 2018:10:03:16:35:28

ホームボタンのないiPhoneの操作方法
iPhone XやXSなどのiPhoneにはホームボタンがありません。そのためこれまでのホームボタンを中心とし...
【iPhone XS/XS Max】今年のiPhoneの在庫は非常に順調!
今日は新型iPhone発売より1週間です。ちょっと気になってiphoneの在庫を調べてみたら、直営店ではどの種...
iPhone XSの価格および予約状況
最新iPhone XS/XS Maxの予約が既に開始されています。今年の予約状況は、まだこれからでも間に合うと...
2018年アップルスペシャルイベントを開催!
9月12日(日本時間13日午前2時)に、2018年の新しいiPhone製品発表がおこなわれました。会場は、アッ...
【iOS11】よくわからない「運転中の通知の停止」の動作と設定方法
iOS11を搭載したiPhoneは運転を自動的に検知し、通知を停止してくれる機能が付いた。よくわからないので調...
トップへ戻る