総理も関心事項? 携帯料金引き下げに言及。

最近iPhoneも1台10万円近くの値段になってきました。一方SIMフリーの格安スマートフォンなら1~2万円! iPhoneを使う限り機種代や通信料金合わせると毎月相当な出費を強いられています。


そんな日本の通信事情に、再三総務省が値下げするようにいろんな政策をとっていますが、一向に値段が下がらないのが現実。いつもドコモやソフトバンクに骨抜きにされてしまいます。

本日ロイターが伝えるところによると、11日に開かれた経済財政諮問会議で、安部総理は、

携帯電話料金の家計負担軽減が大きな課題だとして、高市早苗総務相に対して料金引き下げの検討するように指示

いよいよ一国の総理も携帯料金の高止まりに言及する程になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました