iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

iPhone6Sの発熱問題の他、相次いで不具合報告があがっているようです

投稿日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

新型のiPhone6Sですが、先日も発熱問題がありましたがその後相次いで、不具合の報告があがっています。少し心配です。

iphone6sで一番人気のピンクゴールド

まだ予約のみでiPhoneが到着しない方にとって、ちょっと心配なニュースです。アップルの情報サイトである9 to 5 Macによると、今年発売になったばかりのiPhone6Sに複数の不具合報告があがっていると報じています。

報告されている不具合

  1. 「Touch ID」のセンサー(ホームボタン)が熱くなる
  2. 使用中、勝手にシャットダウンする。スリープ/スリープ解除ボタンを長押しするとオンになるものの、すぐに電源が切れてしまう。
  3. 通知音が大きすぎてスピーカーの音がひずむ
  4. 普通にタップしてもSafari上のリンクが開けない

これまでも不具合はあった

これまでのiPhoneの不具合では、iPhone4はWi-Fi接続がすぐに切れたり、iPhoneの持ち方で電波状況が悪くなる。iPhone5Sの場合は、センサー不具合で水平がはかれない。などの発売直後の不具合がありました。今回iPhone6Sでも、通常に使用してるにもかかわらず本体が加熱してフラッシュが使用できなくなる問題が発覚していましたが、あらたに上記しめした不具合が生じているようです。ただし、アップル公式のものではなく一部のユーザー間で話題となっている程度で全部が全部問題が発生するわけではなさそうです。今後iOS等のアップデートで解消する問題もあるでしょうし、運悪く初期不良であれば交換対応で済むかもしれません。

\この記事がおもしろかったらSNSお願いします!/

N-記事広告(336×280 左)

N-記事広告(300×250 左下)


\当記事の口コミ情報や質問など受け付け中です/

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)


N-サイドミドル縦1(160×600)

トップへ戻る