新型iPhone6SはWi-Fi速度も3割向上

新型iPhoneは通信回りも強化されています。実際にiPhone6SとiPhone6をWi-Fiに接続して計測した場合に約3割増しの結果となりました。
iphone6s_wi-fi_speedtest

新型iPhoneはMimoに対応

iPhone6SはWi-Fi通信回りが強化され、アンテナが2本になりMiMOに対応しました。これでiPhone6にくらべ2倍の通信速度が実現出来ました。

実際にどれくらい速くなったか

iClarifiedというサイトが実際にWi-Fiに接続して計測したテスト動画を掲載しています。使われた親機はアップルのAirport Extream(2013年)とiPhone6SとiPhone6。Extream本体の5GHz帯に接続し、iPhone6SとiPhone6はiOS9.0.2に復元し、他に接続される機器をない形でテストはおこなわれました。

各機器が対応する最大値
 使用機器 下り(理論値)
Airport Extream2013 1.3Gbps
iPhone6 433Mbps
iPHone6S 866Mbps

計測結果

両機の理論値は2倍となりましたが、実際に計測した結果は約3割の増速となりました。結果は下記に掲載した動画にてご確認いただけます。

計測結果

iphone6S iphone6 結果
1回目 326.7 253.6 29%
2回目 422.5 309.6 36%
3回目 412.7 309.3 33%

 

\タロイモ(管理人)をフォローする/
タイトルとURLをコピーしました